「猛烈な上昇」:ビットコイン海外レーティングが強気、来年に7万ドルに

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

ワイスレーティング(Weiss Ratings)は投資家がビットコインに強気な主な理由を解説、来年にはビットコイン価格が7万ドルになる「猛烈な反発」がみられると予想した。

さらに、連邦準備制度の莫大な紙幣の印刷と機関からの暗号通貨への投資が強気を後押しするとしている。

ワイスの格付け、ビットコインが強気の理由

ワイスレーティングのアナリスト、Bruce Ng氏とJuan Villaverde氏は、先週、横ばいのにもかかわらず、投資家がビットコインに強気になるべき理由を説明した。 

現在、ワイスレーティングは、ビットコインをすべての暗号通貨の中でトップにランク付けしている。

アナリストがビットコインを強気とする3つの主な理由の1つは、ストックフロー分析(S2F)モデルに基づく価格予測に由来する。この人気予測モデルは、「
今後12か月程度の猛烈な反発を示しています」と書いている。

NgとVillaverdeは、「S2Fは商品が少ないほど価値が高くなるという常識的な考えに基づいている」と説明し、不足は循環供給によって測定されると付け加えた。

たとえば、ゴールドのS2Fは62です。これは、「地上の全世界の保有量と一致するのに必要な現在の生産の年数」であると、彼らは明らかにした。

5月のビットコイン半減期以降、6.25の新しいビットコインが10分ごとに生成される。つまり、「ビットコインの循環供給と一致するように新しいミンタージュを作るには、推定56年かかる」と彼らは続けた。

それが金のS2F数にどれだけ近いかに注意してください。ビットコインが急速に安全な投資先としての金の主要なライバルになっており、それは理にかなっています。

アナリストは、「以前のS2F予測は、ビットコインの実際の価格パフォーマンスと非常によく一致している」と付け加えた。

現在、過去の半減期に基づくと、現在のS2F分析では、ビットコインは2021年半ば頃に70,000ドルに達するはずであるとしています。

それが仮に半分しか当たっていないと判明したとしても、あなたはまだあなたのお金を3倍にすることができます。

その他2つの理由

ワイスレーティングスのアナリストが強調した他の2つの理由は、「QEインフィニティ」と暗号通貨に流入する「機関投資家のお金」である。

アナリストによると、covid-19のパンデミック環境により、連邦準備制度はわずか13週間で2.9兆ドル、または毎分約2,200万ドルの新しい紙幣を印刷するようになった。

「いずれにしても、これは産業規模でのお金の腐敗です」と彼らは主張し、「紙幣への信頼を失ったときの安全な避難所として」投資家はビットコインと金(ゴールド)にお金を注ぐと予測している。

億万長者の投資家マイク・ノボグラッツ氏はまた、中央銀行が記録的な金額を印刷することがビットコインにとって最良の環境であると述べている。

NgとVillaverdeが焦点を当てた最後の主な要因は、ビットコインに約2億1000万ドルを投資したPaul Tudor Jonesによるなど、機関投資家の間での暗号通貨への関心の高まりだ。

グレースケールインベストメンツは、新しいコインが採掘される率よりも速く、最近グレースケールビットコイントラストにビットコインを追加している。

ベンチャーキャピタル会社のアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)は、暗号スタートアップに投資するために5億ドルを調達した。

ビットコインのような小さな市場に流入する機関規模のお金の量は、かなり爆発的な影響を与える可能性があります。

'Ferocious Rally': Weiss Ratings Bullish on Bitcoin, Price to Hit K Next Year | Markets and Prices Bitcoin News
Weiss Ratings has outlined key reasons why investors should be bullish about bitcoin, seeing a "ferocious rally" with the price of the cryptocurrency expected t...
タイトルとURLをコピーしました