【どこを選べばいい?】仮想通貨FX取引所のオススメ5社はコレ!

仮想通貨のきほん
この記事は約10分で読めます。

 

仮想通貨の「FX」取引は、仮想通貨取引所で行う一般的な取引とは何が違うの?どこの取引所でもいいの?

仮想通貨FXとは?

 

仮想通貨FXは、「現物取引」とは異なり、実際に仮想通貨の現物を売買する取引ではありません

買い注文または売り注文によってポジションを保有し、反対売買によってポジションを決済することで、価格変動の差額分だけを受け取る「証拠金取引」です。

なるほど。FXは売った時または買い戻した時に発生した利益や損失だけを受け取る方法なのね。

そう、これを「差金決済取引」とも言うよ。

仮想通貨FXでは証拠金を預けて、その数倍から数十倍のお金を動かせる「レバレッジ取引」が行えます。そのため、少ない資金で大きな利益を得たいトレーダーには向いている投資だといえます。

手元にある資金が少なくても、大きな利益が狙えるのね!

元手を少なく、大きな利益を狙いたい」仮想通貨FXは、そういった人たちに人気の取引方法なんだね。でもリスクがその分高くなることにも注意が必要だよ。

 

日本国内での証拠金取引(レバレッジ)は海外の取引所に比べると4倍とかなり低いです。これに物足りなくなってきた人や本格的な仮想通貨取引を行いたい人にはメリットが多く、高いレバレッジを楽しめる海外のFX取引所が人気です。

日本語対応があるなど、取引所ごとの特徴や魅力を紹介しますので、これから仮想通貨FXをはじめる人はぜひ参考にしてみてください。

【1】 Bybit(バイビット)

Bybitは比較的新しい仮想通貨取引所ですが、既に世界130か国以上にユーザーを持っています。

運営会社名:Bybit Fintech Limited
所在地:シンガポール
手数料: Maker:-0.025% / taker:0.075%
レバレッジ:最大100倍
日本語対応: ◯

利用ユーザー数はすでに30万人以上を突破し、大きくキャンペーンを打つことも特徴的なプラットフォームでユーザーを楽しませる企画が得意です。中でもBTC・XRPに加えて、USDTの無期限(デリバティブ)トレードが可能で、両建て先としてもトレーダーには大きな支えになってくれる取引所です。

現在、海外取引所の中では最も注目される仮想通貨取引所と言えそうです。

Bybit(バイビット)の特徴

レバレッジが高い

Bybitは手持ちのビットコインの100倍の量が取引ができる、脅威のハイレバレッジ取引所で、国内の取引所のレバレッジと比べると桁違いです。さらに、アルトコインでレバレッジ取引ができるという点も特徴的です。

とはいえ、高倍率の取引は損失が大きくなりやすいというのも事実なので、レバレッジを掛ける際はあくまでも慎重な姿勢がとても大切になります。

日本語に対応しているので比較的初心者に優しい

BitMEXは日本語に完全対応しているので、英語が苦手でも安心です。

日本語・英語・中国語・韓国語の24時間365日サポートがあり、安心して利用が可能となっている点が挙げられます。

定期的に更新されるニュースには、ユーザーが楽しめるイベントやキャンペーンの更新だけではなく、仮想通貨FX初心者に向けたコラムも多数用意されています。

Bybit(バイビット)のまとめ

  • ハイレバレッジで取引をしたい
  • 日本語対応の取引所がいい
  • 多くのキャンペーンやイベントで賑わいがあるサイトがいい

仮想通貨FX取引所「Bybit」の公式サイトへ

【2】 BitMEX(ビットメックス)

BitMEXはセーシェル諸島に拠点を置く取引所です。

特徴はレバレッジの大きさで、最大100倍までレバレッジをかけることが可能。特徴的なのは「ゼロカット」という仕様によりレバレッジ取引の借金リスクがありません

取扱通貨の種類はそう多くはないが、日本語にも対応しているので英語が苦でな人でも手軽に取引が始めらます。

BitMEX(ビットメックス)
手数料: Maker:-0.025% / taker:0.075%
レバレッジ:最大100倍
日本語対応: ◯

BitMexは仮想通貨FXの取引量で幾度も世界一になっており、実績も十分。レバレッジをかけて仮想通貨取引したい人には、開設必須の取引所だと言えるでしょう。

BitMEX(ビットメックス)の特徴

最大100倍!脅威のレバレッジ

BitMEXは手持ちのビットコインの100倍の量が取引ができる、脅威のハイレバレッジ取引所で、国内の取引所のレバレッジと比べると桁違いです。さらに、アルトコインでレバレッジ取引ができるという点も特徴的です。

とはいえ、高倍率の取引は損失が大きくなりやすいというのも事実なので、レバレッジを掛ける際はあくまでも慎重な姿勢がとても大切になります。

「ゼロカット」で安心!ハイレバレッジでも借金ナシ

BitMEXは「ゼロカット」が導入されているので、急激な価格変動があっても借金を背負う心配がありません

通常のレバレッジ取引では、証拠金を下回った損失を返済する必要がある。これを「追証(おいしょう)」と呼びます。

BitMEXにはこの追証がなく、証拠金以上の損失を被ることはないこの絶対的な安心感から、レバレッジ取引をしている猛者の支持を集めています。

日本語に対応しているので比較的初心者に優しい

口座開設画面はもちろん、取引画面や、取扱いマニュアル等も全て日本語版が用意されていますので、英語が苦手な方でも安心して取引が可能です。

BitMEX(ビットメックス)のまとめ

  • ハイレバレッジで取引をしたい
  • リスクを比較的抑えたい
  • 日本語対応の取引所がいい
  • 手数料を安く抑えたい

仮想通貨FX取引所「BitMEX」公式サイトへ

 

【3】 OKEx(オーケーイーエックス)

OKExはBinance(バイナンス)やHuobiと並ぶ中国3大取引所に数えられる海外取引所です。現在では中国政府による取引所の規制により、マルタを拠点としています。

OKEx(オーケーイーエックス)
手数料: Maker:-0.025% / taker:0.075%
レバレッジ:最大100倍
日本語対応: ×
独自トークン:OKB

日本のビットバンクトレードと提携するなど海外展開に力を入れおり、独自トークンを発行していることや手数料、取扱銘柄などの条件も比較的良好となっています

OKEx(オーケーイーエックス)の特徴

最大100倍!「パーペチュアルスワップ」サービスが開始

2018年12月11日から、「パーペチュアルスワップ」サービスが開始されました。OKExでは最大20倍のレバレッジを効かせたレバレッジ取引が可能でしたが、パーペチュアルスワップでは最大100倍のレバレッジが可能です。パーペチュアルスワップは、先物取引やFX取引とよく似た取引です。

同じ100倍のレバレッジが可能な仮想通貨FX取引所のBitMEXは、高いレバレッジを求める投資家たちから非常に高い人気となっています。OKExも、高いレバレッジを魅力とした市場を作ることで、投資家たちの参入を図っています。

取引量が多く、流動性が高い

OKExは世界でも有数の取引量を誇る仮想通貨取引所です。取引量が多いということは、取引が成立しやすく流動性が高いということです。売買したいタイミングで取引が成立しやすく、チャンスを逃す可能性が低くなっています。

取引できるコインの種類が多い

2020年7月時点の取扱通貨は165種に及びます。中にはOKExでしか購入できない通貨もあり、草コイン好きの投資家は要チェックの取引所です。

OKEx(オーケーイーエックス)のまとめ

  • ハイレバレッジで取引をしたい
  • 取引量、流動性が高い取引所がいい
  • たくさんの種類のコインを取引したい

仮想通貨FX取引所「OKEx」公式サイトへ

 

【4】 FTX(フィントルエックス)

FTXは2019年にスタートし、ユニークな金融商品を積極的に取り扱っていたり独自のデリバティブ商品(金融派生商品)を取り扱っている新しいタイプの取引所として注目を集めています。

企業名:FTX Trading LTD
所在地:アンティグア・バーブーダ
手数料: Maker:-0.025% / taker:0.075%
レバレッジ:最大101倍
日本語対応: 〇
独自トークン:FTT

先物取引においては最大101倍のレバレッジ倍率を誇っており、ビットコインだけでなく多くのアルトコインを高倍率で取引することができます。

スマホアプリも充実しており、また公式サイトは日本語にも対応しているため国内取引所と同じように利用することができます。

大手暗号資産(仮想通貨)取引所BINANCE(バイナンス)とも提携しており、今後もさらなる飛躍が期待されています。

FTX(フィントルエックス)の特徴

カスタマイズ可能な自動売買ツールが利用できる

FTXは2020年4月から暗号資産(仮想通貨)の自動売買サービスQuant Zone(クアント・ゾーン)」を用意しています。

ここでは、自分で売買のルールを決めて簡単なプログラムを作ることで自動で暗号資産(仮想通貨)取引を行うことができます。

暗号資産(仮想通貨)の自動売買サービスを提供している取引所はほとんどなく、大きな注目を集めています。

世界最大級のBINANCE(バイナンス)と提携

FTXは、世界トップクラスの仮想通貨取引所であるBinanceと業務提携を行っています。 それぞれが独自開発したFTXトークンとバイナンスコインが両方の取引所で買えるなど、本格的なコラボレーションも見られます

今後はFTXのレバレッジトークンがBinanceでも買えるようになったり、Binance側のステーブルコインであるBUSDがFTXで取引できるようになったりする予定です。提携による今後の発展に期待しましょう。

取引できるコインの種類が多い

2020年7月時点の取扱通貨は165種に及びます。中にはOKExでしか購入できない通貨もあり、草コイン好きの投資家は要チェックの取引所です。

FTX(フィントルエックス)のまとめ

  • ハイレバレッジで取引をしたい
  • 独自のユニークな商品を扱っている取引所がいい
  • 豊富な種類のコインを取引したい

仮想通貨FX取引所「FTX」公式サイトへ

【5】 ZBG(ゼットビージー)

ZBGは2018年7月にオープンした比較的新しい香港を拠点とする取引所で、新しい革新的なトークンの取引プラットフォームを提供することに重点を置いている。

ZBG(ゼットビージー)
所在地:香港
手数料:0.10%
日本語対応: 一部〇
独自トークン:ZT

2017年11月にオープンした中国の取引所ZB.comサブプラットフォームになります。

ZBG(ゼットビージー)の特徴

手数料の安さが業界一

ZBGは「定率手数料モデル」を採用しています:ZBGの定率手数料は、グローバル業界平均(推定0.25%)をはるかに下回り、また中国国内業界平均よりも低い0.10%となっています。

ZB.com.と同じく、ZBGでも消費者に優しい出金手数料設定となっている。とにかく手数料を安くしたいという人にはおススメです。

仮想通貨FXの取引を行うにあたって注意

常にリスク管理を怠らないように心がけて。

必ず余剰資金で行うようにしましょう。
仮想通貨の値動きは、ボラティリティが比較的高い(値幅が大きい)とされています。そのため生活に支障が出るほどのお金を投資するのは、リスクが大変、大きくなってしまいます。

あくまで余剰資金を証拠金として預けることを心がけて、日々の生活に支障が出ないようにしてください。特に仮想通貨FX初心者は、勘や運頼りの取引になりがちです。少しずつトレードに慣れていくためにも、まずは少額の投資からはじめてみることを強くオススメいたします。

タイトルとURLをコピーしました