中国の大手銀行が顧客に金・貴金属の購入を禁止

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

中国の銀行と規制当局、「ゴールドラッシュの鎮静化」へ

中国の規制当局と大手銀行は、「ゴールドラッシュの鎮静化」を図るため、投資家が金やその他の貴金属の取引を抑制するように措置を講じているとロイター通信は報じた。

金価格は今週、史上最高値を更新し、コロナウイルス事件の増加、米ドルの急落、低金利、米国と中国の間の緊張の高まりの中で投資家は安全な資産の避難場所を探している。

金曜から、同国最大の貸し手である中国工商銀行(ICBC)は、貴金属に関連するプラチナ、パラジウム、インデックス商品の新規取引ポジションを顧客が開くことを禁止しました。

これを報じた記者はこの禁止の理由について尋ねるために銀行に電話をかけた。すると銀行のカスタマーサービスは、これらの資産の最近の激しい価格変動と「リスクを制御する必要性」による顧客の安全と保護のためであると説明した。

他の2つの主要銀行も同様の動きを見せている。中国農業銀行は最近、金関連の新規事業を停止したと述べた。また、中国銀行(BOC)は、プラチナとパラジウムの取引のための新規口座開設を停止したと述べている。

上海金取引所も金と銀の保有量が高い水準にある。取引所は今週、必要があれば投資家を保護するためにリスク管理措置をとると述べた。さらに、金先物取引と銀先物取引が取引される上海先物取引所は、「そのメンバーにリスク管理の取り組みを強化し、合理的に投資すること」を求めていると報道機関は伝えた。

中国の投資家はまた、金のファンド(ETF)も積極的に取引している。昨年末以来、アジア最大の金ETFである華安金ETFの運用資産は68%以上増加し、118億元(16億9千万ドル)を超えた。

今週、金の価格は史上最高値に達しているため、2,000ドルはそう遠くないと人々は推測している。ゴールドマンサックスは最近、12か月の金価格予想を1オンスで2,300ドルに修正した。他の一部機関はさらに高い価格を予測している。

金取引を取り締まる規制上の取り組みにもかかわらず、ハオ氏はこう考えている:

金の価格が2,000ドルを超えて上昇すると、さらに多くのホットマネーが確実に市場に流れ込み、一部の投資家は株式への投資を金に転換します。

最近、中国の14の金融機関から200億元相当のローンの担保として約83トンの偽金の延べ棒が使用されていたことが発見され、金市場が揺らいだ。

https://news.bitcoin.com/major-chinese-banks-bar-customers-from-buying-gold-precious-metals/
タイトルとURLをコピーしました