2018年のコインチェックハッキングに関連する暗号通貨の差し押さえ命令

未分類
この記事は約2分で読めます。

ジャパンタイムズは19日、東京の裁判所が2018年1月のコインチェック、ハッキング事件に遡る暗号資産の差し押さえを命じたと報じた。

2年前の2018年、5億3000万ドルを超えるNEM(XEM)が、コインチェックから盗まれ、仮想通貨業界最大のハッキング事件となった。

タイムズ紙は数字を明示しなかったが、別の地元の出版物レポートは、ビットコイン(BTC)とXEMの合わせて約480万円が土井隆義容疑者から没収されることを明らかにしている。

北海道帯広市出身の30歳の医者であった土井容疑者は、盗まれたXEMを購入したこと、および組織犯罪への参加に対する法律に違反したことで、共犯者とともに3月に逮捕された。しかし警察は、土井がハッキングの責任を負っているとは考えていない。

報道によると、東京地方裁判所は警察が許可した金の没収に先立って、土井のデジタル資産に保護命令を出した。 検察は、没収したトークンは国内の暗号通貨取引所に預けられたと説明している。

容疑者が有罪であることが判明した場合、XEMは差し押さえられ、恐らくコインチェックの犠牲者への競売と補償として政府に没収される。

今回の裁判所命令は、アジアの国で暗号資産に対して発行された初の命令であるとジャパンタイムズは報じている。

ハッカーは、2018年1月26日にコインチェックから5億3300万XEMを略奪した。当時、コインの推定価格総額は約580億円だったが、それ以来急激に下落している。今日の価値では40億円程度となっている。

コインチェックのハッキングは依然として暗号通貨業界で最大であり、Mt.Goxの2014年の4億6000万ドルのハッキングに匹敵する。

Japanese Court Orders Seizure of Cryptocurrency Linked to Coincheck Hack of 2018 – News Bitcoin News
A court in Tokyo, Japan has ordered the seizure of crypto assets that have been traced back to the Coincheck hack of January 2018, The Japan Times
タイトルとURLをコピーしました