マイナーが保有するビットコイン総数が過去2年間で最高に

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

ビットコインは11,000ドル付近での取引が続いており、マイナーは過去2年間のどの時点よりも今が一番ビットコインを保有している時で、将来的にビットコインで利益が得られる強気の高まりを示している。

グラスノード(Glassnode)が追跡するウォレットアドレスによると、マイナーは合計182万ビットコインを保持しており、ここ2年間で最高を記録、2019年9月に始まった顕著な上昇傾向を続けている。

昨年だけで、グラスノードで追跡されていない他のビットコインマイナーによる成長を除き、マイナーによる総保有量は約2%増加した。

マイナーが保有するビットコインの合計が増加する3つの要因

マイナーが保有するビットコインの合計が増加する要因は3つ考えられる。

まず、ビットコインの反発が続くだろうという楽観的な見方が続く可能性がある。

●マイニングプール「F2Pool」の元ディレクターのThomas Heller氏によると、マイナーの持つデータは強気シグナルを示しているようだ。マイナーはおそらく後でもっと高い値段になるのを見越して、今しばらくの間保有し続けてることに異存は無いようだと彼は語った。

●それに、かつてない多くのビットコインを保有しているのはマイナーだけではない。6月に4年ぶりの最高値に達した後、少なくとも1年間、動いていないビットコインの割合は増加し続けている。

マイニングアドレスに保有されているビットコイン総数(Glassnode調べ)

第2に、データセンター兼マイニング・インフラ・ストラクチャ企業であるGRIIDの戦略担当副社長、ハリー・スドック氏が述べたのは、マイナーが新規に注文して受け取るまでのハードウェアのローテーションについてである。

● スドック氏が「ハードウェアサイクル」と言ったこのプロセスは、価格と注文サイズによっては最大6か月かかる可能性がある。最終的に、この期間中の運用費用を賄うために多少のコインを売却する必要がある。今はビットコインの価格が非常に高いため、費用を支払うために比較的少数のコインの売却だけでよい。

Glassnodeにおけるマイニングプール毎のビットコイン保有数

最後に、メジャーではない新しいマイニングプールがビットコインを蓄積するにつれて、マイナーの保持するコインの総数が増加したことだ。

● 最も注目すべきは、最近の成長のうち、かなりの割合がLubian.comからのものである。これは、あまり知られていないマイニングプールで、2013年5月に設立されたマイニングプール、F2Poolとほぼ同じだ。

●グラスノードによると、この数か月間、プールのビットコインの保有量は27日の時点で9,373BTCに増加し、3月中旬の1BTCからほぼ同じ割合の増加を示している。BTC.comのランキングによると、この新しいマイナーはビットコインネットワークのハッシュレートの10番目に大きい量を制御している。

新しいプール「Lubian.com」が保有するビットコインの推移(Glassnode調べ)

Miners' Bitcoin Holdings Reach Two-Year High to Almost 2M - CoinDesk
The recent upward trend began in September 2019.
タイトルとURLをコピーしました