オプション取引、ビットコイン価格が12月までに36,000ドルが最も活況

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

先週末のデータによると、最も活況な取引が行われたビットコインのオプション契約は、年末までに28,000ドル、32,000ドル、36,000ドルの契約であった。

これは、オプション取引を行う多くのトレーダーがビットコインの価格が2017年12月に史上最高値を超えると予想していることを意味する。

9月14日、データ分析会社のSkew.comの研究者は、2017年にビットコインが史上最高値を付けた時をはるかに超える異常な数のコール・オプション(買いの権利)についてツイートした。

2020年12月の28000ドル、32000ドル、36000ドルのコールが最もアクティブな昨日のビットコインオプション取引契約です。

Skewはこのようにツイートした。これらのコール・オプション数は2017年12月にビットコインが19,600ドルの最高値を付けた時よりもはるかに多い。

36,000ドルに752、32,000ドルに432、28,000ドルに230のポジションが置かれた。補足として、9月末の契約には9000ドル、9750ドルのコール・オプション契約がいくらか設定されたという。

通常、ビットコインのオプション取引とは個人または団体に権利を提供するものである。有効期限を定めて、BTCを指定した価格で売買できる「権利」であり、仮想通貨のデリバティブ(商品)だ。今回の場合は有効期限を2020年12月として、BTCの以前の史上最高値をはるかに上回る価格が設定されている。

Skewは、「今月末に大量のビットコインオプションが満期を迎える」と述べている。

エコイノメトリックス(Ecoinometrics)のビットコインの洞察とデータ研究者は、CMEグループに由来するビットコインオプション市場についても議論している。多くの市場とCMEのデリバティブアクションを調査しながら、市場の感情が変わったとは思っていないと述べている。

「技術的な観点から考えれば、ビットコインはサポートになる以前のレジスタンスレベルを10,000ドルに引き上げました。5月から7月末まで、ビットコインはどうしようもないほど1万ドルを下回っていました。しかし、この7日間、10,000ドルを堅調に推移しています。」

「CMEのオプション取引市場に関して言えば、5つのコール(買い)に対して2つのプット(売り)の状況が支配していることが最も重要な点でしょう。」

つまりは長期的に見て強気の感情に変わりはないと見られている。

タイトルとURLをコピーしました