Defiの誇大広告が収まったことでイーサリアムの手数料が82%ダウン

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

イーサリアムブロックチェーンを介してトランザクションを送信する平均コストは、ピークの9月2日から11.61ドルから82%ダウンして、10月4日の時点で2.09ドルまで減少した。

この減少は、分散型金融(defi)に関する誇大宣伝が落ち着いた結果であると見られている。

Glassnodeのデータによると、イーサリアム(ETH)のマイナーも、過去3週間で手数料からの総収入がそれに対応して急激に減少した。9月17日、マイナーは42,763 ETH、つまり1,497万ドルの手数料を集めたが、10月4日の時点では、5,898 ETH、つまり206万ドルにまで急激に減少した。

マイナーの総収入の割合として、手数料は同期間に69%から29%まで急落した。

9月1日、手数料が高騰したため、ETHマイナーはわずか1時間で50万ドルを超える記録的な利益を上げた。

8月だけでも、マイナーは1億1,300万ドルの利益を上げ、4月に獲得した300万ドルから3,660%以上増加した。 4月の平均取引コストがわずか0.09ドルであるのに比べて、現在のイーサリアム手数料は、最近下落したにもかかわらず、非常に高いままである。

アナリストは、わずか3か月で90億ドル規模に成長した、分散型金融業界Defiの誇大宣伝によるイーサリアムの取引コストの急上昇を懸念している。 Defipulseのデータによると、7月はDefi市場全体で20億ドルを超える価値がロックされている。

また、uniswap(UNI)、compound(COMP)、yearn.finance(YFI)、curve.finance(CRV)、balancer(BAL)などのDefiプロトコルが、イーサリアムネットワークを介してトランザクションを処理するためにブロックスペースをめぐって競合したため、料金が急騰した。

Etherscanによると、Uniswapなどのプロトコルは、ネットワーク使用率が最も高い数少ないプロトコルの1つである。その他にはテザー(USDT)、sushiswap、YFIなどがある。現在、誇大広告はやや冷え込んでいるようで、先週の主要なDefi製品は30%から45%下落した。

イーサリアム開発者は、Ethereum 2.0と呼ばれるネットワークのアップグレードなど、コストを削減して効率を向上させるための技術ソリューションもテストしている。しかし、プロジェクトはまだ実現するまでに数ヶ月かかると見られている。

タイトルとURLをコピーしました