ロシアの公務員は保有する仮想通貨を資産として申告しなければならない

アルトコイン
この記事は約1分で読めます。

ロシアの公務員は、保有するすべての暗号資産を収入として宣言する必要がある。この措置は来年、2021年1月1日から始まると地元メディアが報じた。

ロシアの検察総長イゴール・クラスノフ氏は次のように宣言した。

来年から、公務員は他の資産と同等に(仮想)通貨を申告する必要がある。

クラスノフ氏は10月20日、上海協力機構(SCO)加盟国などからの15人の他の検察総長が参加した汚職会議で話しているときにこれを述べた。

ロシアトゥデイのレポートによると、クラスノフ氏はまた、「当局が所得申告で暗号通貨を示さなければならず、州がすべての公務員の所得を追跡できるようにすることを意味する」と述べた。

これまで、公務員はデジタル資産を申告する必要はなかった。ロシア労働省からの2018年の勧告は、そのようなことから公務員を免除する方向のように見えた。

しかし、暗号通貨が汚職に使用されていることが懸念される中、検察庁は、過去3年間に公務員から4億4000万ドルを超える未公開の現金資産を押収したことを明らかにした。

公務員の新しい要項は、一般的にはビットコインを合法化するものの、商品やサービスの支払いに使用できる法定通貨になることを禁止する、ロシア大統領ウラジミール・プーチン大統領によるものである。

タイトルとURLをコピーしました