相対取引中にビットコイントレーダーが車から追い出され強盗被害に

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

ある37歳の男性が、現金300万香港ドル(約4000万円)相当の強盗被害にあった。被害社の男性と強盗は、仮想通貨の相対取引のために直接会うことに同意していた。

窃盗に関与したとされる6人の非中国人容疑者

サウスチャイナモーニングポストによると、ビットコイントレーダーは、ネット上で、買い手とされる人物と香港で直接会う約束を取り付けた。

当初、被害者男性は香港のノースポイントにあるホテルの外で、現金300万香港ドルを、15BTCを送信することを約束として強盗の車中で手渡した。

market.Bitcoin.comのデータによると、15BTCは記事の執筆時点で519,969ドルの価値がある。

しかし、その後強盗はお金を数えるふりをして別の男3人が現場に現れ、車から被害者男性を引きずり出し、現金と被害者の携帯2台を盗んで逃走した。

香港の警察は、事件に関与している可能性のある運転手を含め、「30歳ぐらいの中国人以外の容疑者6人」を探していると述べた。

仮想通貨コミュニティの反応

警察筋はサウスチャイナモーニングポストに、強盗は武器を所持しておらず、人々を負傷させた様子もなかったと語った。

このニュースに反応して、CasaのCTOであり、BitGoの元ソフトウェアエンジニアであるJameson Lopp氏は、短いが率直な意見をつぶやいた。

武装した護衛なしで、6桁ものビットコイン相対取引に関わらないでください。

一部の人々は、Loppのツイッタースレッドで、ビットコインに関連する相対取引は、日本など一部の国では「大規模な現金取引」を伴う場合でも非常に一般的であるとコメントしている。

Bitcoin Trader Robbed During an In-Person Transaction, Kicked Out of Car in Hong Kong | Bitcoin News
An unnamed 37-year-old man was a victim of a theft from a gang of robbers who fled with 15 bitcoin (BTC), worth HKD 3 million (7,000) in cash. They had
タイトルとURLをコピーしました