英国政府は仮想通貨業界に規制アプローチに関する識見を提供するよう要請

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

英国の財務省は、仮想通貨コミュニティに対処する一連の提案を詳述した文書を発行した。

協議により財務省は、ブレグジットの混乱に続いて、2021年に向けて「暗号資産とステーブルコインへの規制アプローチ」を開始している。

ステーブルコインの規制に特に焦点

公式発表によると、この協議は主に投資金を集め、販売を行うケースのステーブルコインを対象としている。財務省は、2021年3月21日までに、仮想通貨業界の「利害関係者」から識見を収集することを期待している。

2018年、英国政府は経済における「急速に発展している暗号資産市場」の影響を評価するために、当局間のタスクフォースを立ち上げた。

財務省は「消費者へのリスク軽減をしながら安定に向けて、規制の枠組みが新技術の利点を活用し、革新と競争をサポートするように備えられていることを確認したい」と考えている。

財務省は文書の中で、タスクフォースの発足後にステーブルコインに特別な焦点を当てた理由を説明している。

2年後、風景は急速に変化しています。いわゆるステーブルコインは、より速く、より安価な支払いへの道を開き、人々の物の支払いやお金の保管を容易にする可能性があります。また、DLTが資本市場に大きな利益をもたらし、その運営方法を根本的に変える可能性があるという証拠も増えています。

政府は「適切な」規制アプローチを設定するために暗号市場を監視し続けている

英国財務省の経済長官であるジョン・グレンが署名した文書によると、このアプローチは、仮想通貨業界との「協議プロセスの最初の段階」を示している。彼らはまた、「最も深刻なリスクがどこにあるのか」を特定したいと考えており、規制に対するリスク主導のアプローチの重要性を強調している。

グレン長官はこの文書で次のようにコメント;

この市場が成熟し続ける中、政府は新たに出現するリスクを積極的に監視し続けます。私たちは、市場がそこで活動する人々や企業のために機能していることを保証するために、さらなる規制措置を講じる準備ができています。

2021年1月11日、英国の金融行動監視機構(FCA)は、リスクの高い仮想通貨投資と業界への関連詐欺の急増について投資家に警告した。

UK Government Asks Crypto Industry to Provide Insights on Its Regulatory Approach | Regulation Bitcoin News
Her Majesty's Treasury in the U.K. issued a document that details a series of proposals addressing the crypto community.
タイトルとURLをコピーしました