ハーバードの経済学教授「政府はビットコインの拡大を許さず、政府が勝利するだろう」

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

ハーバード大学の経済学教授であり、国際通貨基金(IMF)の元チーフエコノミストであるケネス・ロゴフ氏は、政府がビットコインの大規模な繁栄を許可しないだろうと考えている。「規制が敷かれ、政府が勝利するでしょう。」と彼は述べた。教授はまた、ビットコインバブルの可能性についても話し合った。

ハーバード大学教授は厳しい仮想通貨規制について警告

ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授は、先週のブルームバーグに関するインタビューで、ビットコイン規制について、いくつかの見解を述べた。

「それは投機的である。」と彼は始めた。「私はビットコインに懐疑的でしたが、確かに価格は上がっています。」しかし、ロゴフ氏は次のように主張した。「何に使用するかについては、ある種の究極の問題がある。人々がただそれに価値があると思うから、価値が上がるのでしょうか?それは崩壊するであろうバブルです。」

彼は続けた:「私はビットコインが失墜した国家で使われているのを見かけます。ディストピアの将来に役立つ可能性があると考えられます。」それにもかかわらず、彼は次のように強調した。

「政府は大規模な仮名取引を許可するつもりはないと思います。彼らはそれをただ許さないでしょう。」ハーバード大学の経済学教授は次のように詳しく述べています。

規制が入るでしょう。政府が勝つでしょう。テクノロジーが何であるかは関係ありません。

「ですから、長期的には、用途がなければバブルは崩壊すると思います。そのような価値のある用途がないことを願っていますが、それはディストピアに対するヘッジだと思います。」

次に、ロゴフ氏は「米国が仮想通貨(暗号通貨)の価格を崩壊させる可能性のある規制を積極的に制定する必要があることを、財務省のイエレン長官に助言するだろうか?」と尋ねられた。

彼は単にこう答えた。「はい、それは全面的に真実です。それは規制される必要があります…私は政府がそれに取り組んでいると思います。(仮想通貨)はそれほど広く使用されておらず、ビットコインのロビイストがいくつかの場所でそれを取得することに成功しているにもかかわらず、それは長続きしないと思っています。」

ロゴフ氏は長い間ビットコインに懐疑的であった。「基本的に、マネーロンダリングや脱税の可能性を排除すれば、取引手段としての実際の利用は非常に少ない。」と元IMFチーフエコノミストは述べた。

先週、ジョー・バイデン氏が米国財務長官に選んだジャネット・イエレン氏は、仮想通貨は主に違法な資金調達に使用されていると述べている。彼女は後にスタンスをわずかに和らげ、「効果的な」仮想通貨規制を実施するために連邦準備制度理事会や他の規制当局と協力することを約束した。

1週間前、欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁は、仮想通貨が「おかしなビジネスを行った」と「完全に非難されたマネーロンダリング活動」を行ったと主張して、ビットコインを規制するよう各国に呼びかけた。しかし規制当局の信念にもかかわらず、業界レポートによると、2020年にはすべての仮想通貨取引のうち、犯罪に関係する取引は0.34%しか占めていなかったと報告されている。

一方、いくつかの米国議員は、政府がビットコインを止めようとすべきではないと述べている。パトリック・マクヘンリー議員は以前にこう述べた:

ビットコインの技術の性質上、政府はそれを殺すことはできませんし、殺すべきでもありません。

さらに、米国には現在ビットコインに寛容な議員が存在する。

シンシア・ルミス上院議員は、ビットコインが価値のある素晴らしい保存先であることを議会が確実に理解することを誓った。彼女は、ビットコインに「大きな期待を示しており、組織レベルと個人レベルの両方で米ドルに対する実行可能な代替価値のあるストアとして上昇する可能性がある。」と信じているHODL(長期保有者)である。

Harvard Economics Professor: Governments Will Not Allow Bitcoin on a Big Scale and They Will Win – Regulation Bitcoin News
Harvard Professor of Economics and former Chief Economist at the International Monetary Fund (IMF) Kenneth Rogoff believes that governments will not allow bitco...
タイトルとURLをコピーしました