ステーブルコインは”非暗号通貨市場に浸透”し、2021年に10兆円を超える可能性がある

アルトコイン
この記事は約3分で読めます。

業界の数字によると、2021年はステーブルコインが非暗号通貨(仮想通貨)市場に浸透する年になる可能性がある。そしてステーブルコインの時価総額は今年ほぼ3倍になり、1,000億米ドル(約10兆円)を超えると予想されている。

ステーブルコインの時価総額は、過去1年間ですでに約6倍に跳ね上がり、350億米ドルを超えた。暗号通貨取引所での取引が激化するにつれて、DeFi(分散型ファイナンス)が爆発的に増加した。これらの「インターネットドル」の需要は、一般の人々とビジネス面共に増加しつつあると言われている。

ステーブルコインの成長に非常に興奮しています。ステーブルコインの総額が2021年に1,000億米ドルに達すると予想しています。地球上のすべての人にとって、金融商品への容易な市場アクセスは常にエキサイティングです。

ブロックチェーンドメイン名を構築している会社である、アンストッパブル・ドメインズ(Unstoppable Domains)の共同創設者兼CEOであるマシュー・ゴウルド氏はそう述べた。

そして、ステーブルコインの需要増を主張するのは彼だけではない。韓国を拠点とするブロックチェーンアクセラレーターHashedのCEO兼マネージングパートナーであるサイモン・キム氏も、パブリックブロックチェーンに基づくステーブルコインが2021年にこの数を超えると予測している。

「パブリックブロックチェーンサポーターにとって、ステーブルコインが暗号通貨取引、DeFi、そして最終的には支払い、送金、投資などを含むフィンテック分野の多様な分野でさらに重要になると期待するのは合理的です。」と最近彼は発言している。

同時に、大手投資会社のブロックチェーンキャピタルは、今年、米ドル建ての安定したコイン市場の発行額が15兆円を超えると推定した。

また、プライベートメッセージングアプリケーションStatus.IMのマーケティング責任者であるジョナサン・ゼラー氏によると、2021年には、DeFiプラットフォーム以外の市場でステーブルコインの使用が増えるしている。

より多くの商品やサービスに基づく市場が生まれ、それらに参入する自信が増すでしょう。

最も人気のあるステーブルコイン、テザー(USDT)の発行者であるテザーの最高技術責任者(CTO)であるパオロ・アルドイノ氏と、その姉妹会社である暗号通貨取引所ビットフィネックスも、「2021年はステーブルコインが非暗号通貨市場に浸透する年かもしれません。市場をより深くし、大量採用を増やすのに役立ちます。」と主張している。

一方、サイモン・キム氏は、アルゴリズムまたはDAIなどの暗号通貨を担保に基づいて発行されたステーブルコインは、十分に分散化された運用エンティティを使用して、集中型のステーブルコインよりも、悪用や検閲の障害に耐えるのに成功すると予測している。

さらに、フェイスブックが支援するDiemコンソーシアムによって待望のコインであるDiem(以前のLibra)の到来は、「さまざまなステーブルコインの使用における認識の向上、使いやすさ、および障壁の破壊をもたらします。」このようにイーサリアム(ETH)に焦点を当てた大手ブロックチェーン企業で、南アフリカの先駆者であるモニカシンガーは主張している。

Stablecoins May 'Penetrate Non-Crypto Markets' & Surpass USD 100B in 2021
2021 could be the year when stablecoins move deeper inside the non-crypto markets, with some expecting the total value of stablecoins almost tripling and surpas...
タイトルとURLをコピーしました