エストニア政府、暗号通貨取扱業者にはライセンスを再申請要求の意向

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

エストニアの新政権は、仮想通貨(暗号通貨)を扱う企業のルールを強化するための議題を追求することを以前として計画している。

財務省は、ダンスケ銀行が関与した大規模なマネーロンダリングスキャンダルの余波を受け、マネーロンダリング対策を強化しようとしている。エストニア政府は2020年に1,000社を超える暗号通貨企業のライセンスを取り消した。

ERR Newsの報告によると、財務省はビットコイン(BTC)などの暗号資産の規制に関する過去の政権の議題から脱却を目指してはいない。現在の法案は、前国の首相で中央党の党首であるユリ・ラタス氏から受け継がれている。

エストニアは数年前、特にタービロイバス氏が政権を握る頃は、暗号通貨に優しい国と見なされていたが、最近状況が変わりつつある。省が規制を強化する法案を起草する以前に、エストニアは1,300を超えるライセンスを発行してきた。

その後、ラタス党首の元、エストニアのデジタル資産会社の70%に相当する、1,000を超える暗号通貨企業のライセンスが取り消された。しかし、政府は特に暗号業界を対象とする新しい規則を制定しなかった。しかしながら政府は、2200億ドルを超える大規模な違法なマネーロンダリングの事例を標的にしたいと考えていた。

ライセンス取得済みの企業は再申請の必要あり

地元メディアによると、暗号通貨を扱っている既存の381のライセンス企業は、現在、国家の暗号通貨産業を監督する権限を持つ金融監督当局(Finantsinspektsioon)に別のライセンスを再申請する必要があるとしている。財務省のアドバイザーであるErki Peegel氏は、この措置は事業者の閉鎖を目的としていないと述べている。

しかし、このアドバイザーは国が50~100社程度の暗号通貨関連会社を維持するだろう警告している。報道機関はまた、新内閣はライセンスを取得するための規則が十分に厳格であるとは考えていないと付け加えた。

Estonia's Government Still Wants to Implement Stricter Rules for Licensing Crypto Firms – Regulation Bitcoin News
The new administration in Estonia is still planning to pursue an agenda to tighten rules for companies dealing with cryptocurrencies.
タイトルとURLをコピーしました