マスターカード、暗号通貨の取り扱い開始予定

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

決済大手のMastercard(マスターカード)は、多数の暗号通貨(仮想通貨)がネットワーク上でを直接移動できるようにする準備をしていると発表した。顧客、商店、および企業は、マスターカードのネットワークを介して転送する際に暗号通貨を法定通貨に変換する必要がなくなる。

マスターカード、暗号通貨をネットワーク内で移動させる準備する

マスターカードは10日、「ネットワークに暗号通貨を導入する」ことを開始すると発表した。同社の公式ウェブサイトのブログ投稿で、デジタルアセットおよびブロックチェーンのエグゼクティブバイスプレジデントであるRaj Dhamodharan氏は、「デジタルアセットは決済の世界でより重要な部分になりつつある」と説明した。

彼は、顧客がマスターカード支払いで暗号通貨を購入していることに触れ、特にビットコインの上昇中に次のように説明した。

私たちは現在、暗号通貨と支払いの将来に備えて準備を進めており、今年、Mastercardがネットワーク上で選択された暗号通貨のサポートを開始することを発表しました。これは大きな変更であり、多くの作業が必要になります。

マスターカードのニュースにコメントして、ビットコイン推奨派のマイク・ノボグラッツ氏はこのようにツイートした。

マスターカードのニュースは巨大です。数ヶ月前は、暗号通貨コミュニティが焦点を当てるのは精々翌月だったでしょう。今、私たちは非常に多くの良いニュースを得ており、それはほとんど見過ごされています。繰り返します。大きなニュースです。暗号通貨の採用がここにあります。

最近、MadMoneyの司会であるジム・クレーマー氏は、マスターカードが、Paypalおよびイーロン・マスク氏のテスラとともに、ビットコインをより主流に押し上げていると述べた。テスラは週の始め、ビットコインに15億ドルを投入したことを明らかにした。

Mastercard Will Start Supporting Cryptocurrencies Directly on its Network – Finance Bitcoin News
Payments giant Mastercard has announced that it is preparing to allow a number of cryptocurrencies to move through its network directly. Customers, merchants, a...
タイトルとURLをコピーしました