日本の裁判所がビットコイン脱税者を有罪判決、トレーダーは懲役1年と罰金2200万円

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

日本の当局は、暗号脱税者を追い詰めることに躊躇してはいないようだ。石川県の裁判所は、そのうちの1人、56歳の男性に、1年間の懲役と、20万ドルの罰金を言い渡した。

判決を受けた男性は、2017年から2018年の期間のBTC取引活動を開示していなかった。

金沢地方裁判所の裁判官は、所得税法に違反したとして、2200万円の罰金を科し、石川県の会社役員である松田秀二被告に1年の刑を言い渡した。裁判官は、男性がビットコイン(BTC)の取引活動について故意に正確な税申告書を提出しなかったと結論付けた。

さらに松田被告が120万円(11,000ドル)の利益を上げたと申告していたが、実際は総収入7400万円を受け取り、税金を一切払っていなかったことから、裁判所はデータ改ざんを行ったと指摘した。

裁判で彼の弁護士が松田被告に質問したとき、彼は暗号通貨から得られた収入の利益を計算することについてよく理解していなかったと主張した。しかし、検察官は56歳の男性が「利己的で自己中心的」だと主張している。

松田被告の弁護士は、男性が申告を修正し、税務書類を適切に提出するよう請願書を提出したと述べたため、恩赦を求めたが裁判官はそれを拒否し、裁判の終わりには、松田被告は「疑いの余地はない」と述べた。

日本で前例のない事件

これは日本で初めての訴訟であり、松田被告はビットコイン脱税の罪で有罪判決を受けた最初の人物となった。法的手続きは2020年に開始された。

日本では、マイニング、トレード、レンディング利益などの暗号通貨関連の活動には、最高で55%もの高い税金が課せられている。

タイトルとURLをコピーしました