シンガポール政府は国民に警告、世界でビットコイン熱が高まるにつれて

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

シンガポール政府は、ビットコインのような暗号通貨(仮想通貨)を取引するリスクについて今一度、国民に警告した。ビットコイン利用率はシンガポールでは比較的規模が小さいものの、この1年間で重要性が急上昇しているマーケットだ。

シンガポール金融管理局のターマン・シャンムガラトナム局長は、5日の議会の質問に応え、「暗号通貨の価値は通常、経済のファンダメンタルズとは関係がないため、非常に不安定になる可能性がある。」と述べた。

それらは従って、投資商品として非常にリスクが高く、個人投資家には間違いなく適していません。

シャンムガラトナム局長は、暗号通貨ファンドは個人投資家への販売を許可されていないと述べた。 MASはまた、デジタルトークンサービスプロバイダーに追加の措置を課す権限を持っており、社会政策の上級大臣兼調整大臣でもある彼は、必要に応じて暗号通貨の取引を提供する取引所が規制することができる。

これらのコメントは暗号通貨の時価総額が初めて2兆ドルを超え、機関投資家の需要が急増する中、約2か月でそれが倍増したことから来ている。ゼロ金利に近い現在、投資家がキャッシュリターンを高める方法として暗号通貨に手を出しているため、ビットコインは活気づいている。テスラ社などは先月、自動車の支払いとしての使用を受け入れると発表した。

シャンムガラトナム局長は、シンガポールでの暗号通貨取引は株式や債券に比べて小さいままであり、ビットコイン、イーサリアム、XRPの合計ピーク日別取引量は、昨年の主要証券取引所の証券の平均日別取引量の2%を占めているという。

タイトルとURLをコピーしました