JPモルガン、ビットコイン予想価格14.6万ドルを訂正

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

世界的な投資銀行であるJPモルガンは、ビットコイン価格を14万6千ドルとしていた予想価格を訂正した。

同行のアナリストは、暗号通貨のボラティリティーが収まり、機関投資家がポートフォリオの中で金よりもビットコインに投資するようになれば、価格はそのレベルに達する可能性があると説明している。

JPモルガンは先週、デジタル資産を含むオルタナティブ投資の見通しに焦点を当てた初版レポートを発表した。新しいレポートは、2~3ヶ月ごとに発表される予定。同社のアナリストであるニコラス氏は、ビットコインの価格が長期的には14万6千ドルに達する可能性があると予測し、2022年の短期的な価格目標を7万3千ドルとしている。

デジタル資産は数年に渡る構造的な上昇を続けていますが、ビットコインが買われすぎの領域に戻ったように見えるため、現在のエントリーポイントは12ヶ月の投資見通しでは魅力的ではないと我々は考えています。

と述べている。

JPモルガンのアナリストは、「2021年9月から10月にかけて投資家の間でインフレ懸念が再燃したことで、インフレヘッジとしてのビットコインの利用に再び関心が集まっているようだ」と付け加えた。10月に行ったBTCに対する「強気の見通し」を改めて記している。

インフレヘッジとしてのビットコインの魅力は、ここ数週間、インフレに対する懸念の高まりに金が反応しなかったことで、おそらく強化されている。

ニコライ氏は、「特にミレニアル世代が暗号通貨を好んで投資するようになると、ビットコインの金との競争は続くと予想している。金への金融投資がどれほど大きいかを考えると、”代替 “通貨としての金へのクラウディングアウトは、長期的にはビットコインにとって大きなアップサイドを意味する」と述べている。

しかし、JPモルガンのアナリストは、14万6千ドルという価格予測が実現するためには、ルールに縛られた投資家が安心してこの暗号通貨をポートフォリオに加えることができるように、ビットコインのボラティリティが大幅に低下する必要があると述べている。

同氏は、BTCのボラティリティは現在、金の4~5倍程度であると指摘。また、現在のボラティリティが問題となっているため、ビットコインの適正価格は実際には3万5千ドル程度であると付け加えた。

一方で同銀行は、ビットコインのボラティリティは低下しており、2022年の価格目標として7万3千ドルが妥当に見えると述べた。さらにニコライ氏は、ビットコインは予測不可能なものであり、14万6千ドルを超える高騰も3万ドル以下への急落も可能であると述べている。

JPモルガンのアナリストはさらに、「暗号通貨とデジタル資産はより拡大してゆく新興の資産クラスであり、ゆえに数年間の構造的な上昇トレンドにあることは疑いの余地がありません。」と説明している。

デジタル資産は、個人投資家がファミリーオフィスやヘッジファンド、保険会社を含むリアルマネーの資産運用会社などの機関投資家と一緒になって、このアセットクラスを広めていくことで、パンデミック後の明確な勝者として誕生しました。

JPMorgan Doubles Down on Bitcoin Price Prediction of 6K – Markets and Prices Bitcoin News
Global investment bank JPMorgan has doubled down on its bitcoin price prediction of 6K. The bank's analyst explained that the price of the cryptocurrency cou...
タイトルとURLをコピーしました