「ビットコイン、11月の終値が98,000ドル以上になる可能性は低い」S2FアナリストのPlanB氏が新たな軌道を明らかに

未分類
この記事は約3分で読めます。

●ビットコインのストック・トゥー・フローモデルの作成者であるPlanBは、11月の終値を98,000ドルと予測したことを撤回した。

●PlanB氏は、ビットコインの価格が年内に10万ドルに向かうとの確信を持ち続けている。

ビットコインのアナリスト兼投資家であるPlanB氏は、ビットコインの価格に対して長い間、強気の姿勢を貫いてきた。人気の高いビットコインのストック・トゥー・フロー(S2F)モデルの作成者は以前、ビットコインの価格が少なくとも98,000ドルで11月を終えると想定していた。

しかし、11月が終わろうとしている今、ビットコインは予測された価格には程遠い状態であるため、彼はこの予測を撤回した。彼は本時26日のツイートで、6月以降の月に98,000ドルと予測したフロアモデルは、「おそらく」予想を下回るだろうと認めた。

異なるモデルだが、S2Fモデルは11月の失敗にもかかわらず軌道に乗っている

S2Fモデルに基づいて、PlanB氏は、ビットコインがまだ10万ドルに到達する可能性があると主張している。

11月のビットコインの価格は、多くの予測された予想を下回っている。指標となる暗号通貨は現在、約59,249ドルで取引されており、この日は0.11%の下落となっている。今月は残り5日ほどだが、現在の価格レベルを維持した場合、10月と比べて約4%の損失で月を終えることになるだろう。

今月、ビットコインは史上最高値の68,789ドルを記録した。現在の価格は、暗号通貨市場の多くとともにビットコインが急落したため、史上最高値から約14%下落している。

PlanB氏の予測は、ほぼ正確であったことは注目に値する。8月、9月、10月は的中している。また、弱気の予測も正確で、前回の市場の弱気の嵐を正確に予測した。2017年には、ビットコインの時価総額が1兆ドルになると予測し、モデルの正確さを証明した。

ビットコインの価格が10万ドルになっても市場は強気

年末に10万ドル予測を行っているのはPlanB氏だけではない。世界的な大手銀行であるスタンダード・チャータードのアナリストを含む他の注目すべき識者たちも、最近では年末から来年初めにかけて1ビットコインの価格が10万ドルになると予測してる。

一方で複数のアナリストは、今回の価格変動は破綻したMt.Goxの取引所の債権者が、暗号通貨取引所の破綻から7年を経て、ようやく支払いを清算できるのではないかという懸念によるものだと述べている。これは先週、小林信明管財人が保管中の14万1,000BTC(80億ドル)が、Mt.Gox事件の影響を受けた人々に間もなく分配されることを確認した後のことである。

また、ビットコインの不調は、暗号通貨市場全体にも影響を与えているようだ。イーサリアム、ソラナ、カルダノ、ドージコインなどの他の上位暗号通貨も最近は不調で、4~17%の価格下落をしている。

タイトルとURLをコピーしました