「ビットコインは3万ドルを再訪する可能性がある」とブルームバーグのマイク・マクグローン氏が指摘

未分類
この記事は約3分で読めます。

ブルームバーグのチーフ・コモディティ・ストラテジストであるマイク・マクグローン氏がツイッターで、ビットコインが再び3万ドル台まで急降下する可能性があるとの見解を示している。

ビットコインが3万ドルを再訪する

マイク・グローン氏は、3月6日の午前中(日本時間午前8時)にビットコインが示した2%の下落は、リスク資産にとって来週が荒れ模様になることを示していると考えている。

マクグローン氏が公開したチャートでは、ビットコインとナスダック100先物が同じトラジェクトリーで動いており、現時点ではともに下落していることがわかる。彼は、ビットコインが再び株式市場と相関していることをほのめかしているようだ。

3月1日(火)以降、代表的な仮想通貨(ビットコイン)は小幅なペースで下げている。しかし、3月3日には急激に下がり、その日から今朝までBTCは市場価値の10.24%を失い、44,031ドルから39,522ドル台まで下落した。

データ機関のGlassnode(グラスノード)が提供するデータによると、カナダ最大のBTC ETFであるPurpose Bitcoin ETFは、暗号市場の頻繁な下落にもかかわらず、年初からより多くのビットコインを獲得している。

現在までに、デジタルゴールドの保有量は約5,000 BTC増加、29,494から34,613 btcにまで増えた。これは1,342,451,359ドルからなる。

今年に入り、U.Todayは前述のビットコインETFがディップでBTCを取得したことを何度か取り上げた。2月28日には、BTCの保有量を31%増やした。2月3日には、当時64,218,350ドル相当の1,750BTCを購入した。

タイトルとURLをコピーしました