元グーグルCEOのエリック・シュミット氏、暗号通貨への投資を開始 – Web3エコノミクスを「興味深い」と評価

暗号通貨全般
この記事は約2分で読めます。

純資産228億ドルの元グーグルCEO、エリック・シュミット氏が、暗号通貨に「少し」資金を投入したことを明らかにした。さらに、Web3の経済性を「興味深い」とし、プラットフォームや利用パターンが面白いと指摘した。

元グーグルCEO兼会長のエリック・シュミット氏が、木曜日に公開されたCNBCのインタビューで、「暗号通貨投資」と「Web3」について語りました。

シュミット氏は2001年から2011年までGoogleのCEOを務めました。彼は2017年まで執行会長、2020年まで技術顧問として留まった。彼の純資産は、ブルームバーグ・ビリオネア・インデックスによると、現在228億ドルである。

自身の暗号投資については、具体的にコインを名指しすることなく、暗号通貨に「少し」投資していることを明らかにした。さらに、彼は暗号への投資を始めたばかりであることを明らかにした。

67歳の彼は、自分にとってブロックチェーンの最も興味深い部分はWeb3であると説明。 彼はこう見解を述べた。

「個人として自分のアイデンティティをコントロールし、中央集権的な管理者がいない新しいモデルは、非常に強力です。非常に魅力的であり、非中央集権的です。」

「”分散型が全てになる”という25歳の時の感覚を覚えている」とも語った。

Googleの元幹部は、もし自分が今日ソフトウェアエンジニアとしてスタートするならば、AIアルゴリズムかWeb3に携わりたいと述べた。

シュミット氏は、Web3への関心は、暗号通貨特有の需給特性に関わる「トークノミクス」にあることを明らかにした。

Web3は、コンテンツ所有のための新しいモデルや、人々に補償する新しい方法をもたらす可能性があると指摘。

「Web3 の経済学は興味深いものです。プラットフォームも面白いし、利用形態も面白い。」

しかし、彼はそれが 「まだ動作していない、しかし、するだろう」と指摘した。

 

Former Google CEO Eric Schmidt Starts Investing in Cryptocurrency — Finds Web3 Economics 'Interesting' – Featured Bitcoin News
Eric Schmidt, a former Google CEO whose net worth is .8 billion, says that he has put "a little bit" of money into cryptocurrency.
タイトルとURLをコピーしました