エルサルバドル、ブケレ大統領「ビットコインをもっと買えということか?」

ビットコイン
この記事は約2分で読めます。

エルサルバドルのブケレ大統領は、同国の財務大臣がビットコイン投資は自国経済に影響しないと発言したことに反応を示した。

エルサルバドルのブケレ大統領は、エルサルバドルの財務大臣が「ビットコインの下落は国家予算のごく一部に過ぎない」と述べたことに対して、”あなたは私たちにもっとビットコインを買えと言うことか?”とツイートした。

エルサルバドル政府は、ビットコインとして知られる暗号通貨に対して、他のどの国とも比べものにならないほどの熱意を示してきました。

昨年、政府は暗号通貨を一種の合法的な現金として認めると発表した。しかし、暗号通貨の市場が横ばいになり始めたことで、エルサルバドルの投資は急速に価値を失いつつあります。

月曜日、エルサルバドルの財務大臣であるアレハンドロ・ゼラヤ氏は、ビットコインの価格の急激な下落が国家の財政状態に大きな影響を与えることはない延べ民衆の不安を和らげた。

TheCryptoBasicが報じたように、同国のビットコイン資産の純資産は最近、約4000万ドルも急落している。セラヤ氏は声明の中で、4,000万ドルは我が国全体の予算の2分の1にも相当しないと述べています。彼は、国家予算についてこのように言及した。

世界的な大流行時に大きく拡大した暗号通貨市場は、ここ数カ月でかなりの下落を見せています。1ビットコインの価値は月曜日に22,000ドルを下回り、2020年12月以来の最低水準で取引されるようになっている。

ブケレ大統領は、ビットコインの強力なサポーターだ。彼はビットコインのディップ(落ちたところ)を買う習慣がある。昨年9月には、”They Can Never Beat You If You Buy The Dips “というトレードのアドバイスをした。彼が現在のビットコインのディップを買い戻して、彼らが現在保有しているBTCで被っている40億円の損失をテコ入れするのか注目されるところ。

エルサルバドル政府は、昨年9月以降、2,301BTCに投資している。プレスタイムでのビットコインの価格は21,254ドルで、世界の暗号通貨時価総額は901億ドルの価値があります。

One moment, please...
タイトルとURLをコピーしました