億万長者デヴィッド・ルーベンスタイン氏、暗号通貨に強気、規制には楽観的

ビットコイン
この記事は約2分で読めます。

カーライル・グループの創業者である億万長者デビッド・ルーベン・スタイン氏は、米国の法律家が暗号通貨産業を不当に規制しようとすることはないと考えているそうです。

彼が暗号通貨に強気であることに注目、その億万長者の投資家はこう言った。「最大の幸運は、人々が従来の常識に反するときに作られる。」

デヴィッド・ルーベンスタイン、暗号通貨に強気

最大の投資会社の1つであるカーライル・グループの共同創設者である億万長者投資家デビッド・ルーベン・スタイン氏は、今月1日、CNBCとのインタビューで暗号通貨の見通しを語りました。

暗号通貨に強気かどうかという質問に対して、この億万長者はこう説明しました。

私は、人々が従来の常識に反するときに最大の富が作られていると思うという考えから、強気でいます。

「暗号通貨が今後どうなるかは誰にもわからないが、今、暗号通貨は劇的に打ちのめされている」と指摘し、この分野でのチャンスを示唆した。そして、自身が暗号通貨投資家であることを明言した。

「暗号通貨そのものだけでなく、この業界を取り巻く企業、暗号通貨そのものだけでなく、この業界にサービスを提供する企業に個人的に投資している。」

とカーライルグループ共同創業者は述べている。

コインベース(Nasdaq:COIN)はそれらの企業の一例であり、ルーベンスタイン氏は、暗号通貨価格の下落により、これらの企業が「実際には最近それほどうまくいっていない」と付け加えた。

それでも、ルーベンスタイン氏は強調した。

しかし、私はこの業界はなくならないと思う。

同氏は当初、暗号通貨について懐疑的だった。しかし、4月には暗号通貨について考えを改めたことを明らかにした。

暗号通貨規制について、彼は自分の見解として、「議会のメンバーはこの業界を不当に規制することを推し進めるつもりはない。」と述べた。

ルーベンスタイン氏はこう見解を述べた。

暗号通貨の有権者は議会で非常に強いです。彼らは共和党員でリバタリアンである傾向があり、ロビー活動にお金を使うことを非常に厭いません。

「業界は議会議員に甘くないと思います。彼らはかなりアグレッシブになると思うし、議会のメンバーも今以上の規制を押し付けないように行動すると思う。」とルーベンスタイン氏はさらに指摘した。

Billionaire David Rubenstein Bullish on Crypto, Optimistic About Regulation – Markets and Prices Bitcoin News
Billionaire David Rubenstein is bullish about crypto, stating: "The greatest fortunes are made when people go against conventional wisdom."
タイトルとURLをコピーしました