ビットコイン(BTC)

2018年の弱気相場よりも堅牢な今年のビットコイン価格

エコノミストや仮想通貨アナリストによると、ビットコインの価格変動を予測するカギは、三角保ち合いの形にあるという。

仮想通貨アナリストのアレックス・クルーガー(Alex Krüger)氏によると、ボリューム(出来高)プロファイルを使用して2018年と2019年の「ビットコインの大きな三角形」を比較し、堅牢なポジションを見つけることに熱心だ。

ビットコインデータからボリュームを読み解く

クルーガー氏が見ている三角形は、ブレイクアウトの時点から、ビットコイン価格とボリュームを重ね合わせたものである。 2018年の三角保ち合いのブレイクアウトは、2017年の終わり頃であった。

最初に注目すべきは、最も取引されている価格帯が(2018年よりも)2019年の三角形の方が、かなり高いことだ。前のサイクルでは、BTCの最も取引された価格は6,400ドルだったが、現在の三角形では10,260ドルである。

最初の直角三角形が2018年、次の三角形が2019年の取引ボリュームを表したもの

もう1つの重要な違いは、ボリュームが多い位置だ。2018年の三角形では下でのボリュームが多く、下へ向かって奈落の底が広がるような直角三角形を描いている。しかし2019年の三角形は中心を軸に対照的な三角形を描いている。ボリュームがサポートラインとして効いてくるので、下からのサポートが得られやすくなる。

これによりボリュームプロファイルの観点から、価格が10,260ドルより上にある場合、価格が上向きになる確率は高くなる。しかし今現在、ビットコイン価格は9,754ドルとなっており目新しい上昇に繋がるニュースは出ていない。

しかしながら、価格が上向きではなく下向きに崩れた場合でも、クルーガー氏は50%も下落するような大暴落は非常に起こりにくいと考えている。(ボリュームの面で)かなり多くのサポートがあるため、彼は下げても7,000ドルのどこかを予測している。そして7,870ドル付近にボリュームがあるため、彼は8,000ドルでの参戦は良い長期投資のポジションであると考えているようだ。

出典:https://bitcoinist.com/bitcoin-price-more-robust-than-during-2018-bear-market-analyst/
Bitcoin Price More Robust Than During 2018 Bear Market: Analyst

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン 公共料金の支払いに導入へ

    国内初東京の電力小売り会社(東京電力ではない)が電気料金の支払いにビッ…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン取引量、直近の最低水準から2倍に

    ビットコインは今週火曜日に600ドルと劇的に大きな上昇で取引量が急増し…

  3. ビットコイン(BTC)

    米証券取引委員会ウィンクルボスのビットコインETFを否決

    米証券取引委員会(SEC)は不正取引へのリスク、世界のビットコイン市場…

  4. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンCEOが「ビットコインは詐欺」と発言

    JPモルガンのCEO(最高経営責任者)であるJamie Dimon(ジ…

  5. ビットコイン(BTC)

    Mt.Gox事件の真犯人か?ギリシャでロシア人男逮捕

    驚きの新展開。マウントゴックス事件の真犯人と見られる男が逮捕されました…

  6. ビットコイン(BTC)

    Suica(スイカ)に仮想通貨チャージを検討。JR東日本の思いとは

    仮想通貨交換業者として新たに認可を受けた「株式会社ディーカレット」が、…

過去記事

新着記事

PAGE TOP