3分の1のエルサルバドル人がChivoウォレットを使用=大統領

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

エルサルバドル大統領のナジブ・ブケレ大統領は、同国210万人の国民が政府の仮想通貨ウォレット「Chivo」を使用していると主張した。同国のビットコイン(BTC)戦略が順調に進んでいることをアピールした。

ブケレ大統領は、26日未明にツイッターを更新し、Chivoは運用開始からわずか3週間で「エルサルバドルのどの銀行よりも多くのユーザーを獲得した」と主張した。Chivoの普及がエルサルバドルのすべての銀行を合わせた数を超えるのは時間の問題だという。

エルサルバドルがビットコインを法定通貨として正式に認めた9月初旬、国が発行するChivoウォレットが登場した。これは、この地域の他の国々にとって重要なケーススタディとなる画期的な動きだ。Chivoは、個人や企業が世界中のどこからでも、ビットコインやドルで支払いを行うことを可能にする。

既報のように、メキシコの仮想通貨取引所であるBitsoは、Chivoのコアサービスプロバイダーとして契約した。

一方で9月15日、ビットコイン反対派による抗議活動は、首都での仮想通貨キオスクの焼き討ちにまで発展しました。ブケレ大統領によると、何百人もの反政府抗議者が街頭で反対の声を上げたにもかかわらず、ビットコイン法は国中で好意的に受け止められているという。

タイトルとURLをコピーしました