今すぐビットコインを購入すべき3つの理由

ビットコイン
この記事は約4分で読めます。

アナリストは、ビットコインは現在「ディスカウント価格」で取引されていると考えています。

現在のビットコイン市場は、普及率の高まりと機関投資家の関心の高まりにより、2018年とは異なるものとなっています。

暗号通貨市場全体で大きな売りが出る中、ビットコインは6月18日に19,000ドルを下回る急落を見せました。かつて「デジタル安全資産」の有力候補として知られたBTCは、現在、過去7カ月で70%以上暴落しています。

ビットコインの暴落は何も目新しいことではない。投資家は過去10年を通じて同様の補正を見てきている。直近では2018年と2020年だ。しかし、BTCのS&P500およびナスダックとの相関は、暗号資産がマクロ経済イベントにも脆弱であることを示しています。

BTCは2021年11月に約69,000ドルの史上最高値に達し、それ以来、デジタル資産は主に個人投資家の関心の落ち込みにより一貫して下落しています。しかし、ビットコインのストーリーはまだ終わっていません。これまでのBTCの暴落と最近の弱気サイクルの主な違いは、ここ数年でビットコインの普及率が急速に高まったことです。Crypto.comのレポートによると、世界中に3億人以上の暗号通貨ユーザーがいるとみられている。

採用率の上昇と機関投資家の関心の高まりにより、暗号通貨市場全体の主要な声は、世界で最も支配的なデジタル資産が現在割安な価格で取引されていると考えています。

70%ディスカウント

CryptoClearの創設者兼CEOであるJohnny McCamley氏は、BTCの現在の価格水準は一生に一度の機会を提供すると述べています。

史上最高値が昨年11月の69,000ドルだっただけに、今のビットコインは安い(70%割引)。我々はまだビットコインのライフサイクルの初期にあり、今は一生に一度の買い場だ

とMcCamley氏は語った。

InvestingNFTの共同創設者でAlef&Skyの創設者であるMartin Noam Slutzky氏は、「世界の経済状況を考慮すると、現在の価格は暗号通貨業界の成熟過程の一部と考えることができ、特に長期的に見ている場合は、このトレンドに参加するかなりの機会です」とコメントしている。

機関投資家の関心

2018年の暴落以来、多くの機関投資家がビットコイン市場に参入し、BTCを大量に蓄積し始めました。テスラからマイクロストラテジーまで、上場企業のほとんどが異なる価格水準でBTCを購入しました。エルサルバドルのような国でさえ、異なる機会に下落局面で購入しました。機関投資家の関心が高まったことで、ビットコインはほとんど「大きすぎて潰せない」存在になった。

“BTCは、特に大きな機関からの採用後、非常に過小評価されています。企業はビットコインを代替資産として扱い始め、中には暗号通貨資産を支払い手段として受け入れている企業もあります。」とRoca Junyentのブロックチェーンアソシエイト、Joaquim Matinero Tor氏は述べています。

規制の明確化

世界中の規制当局は、暗号セクターのイノベーションを促進するために、明確な暗号通貨規制を立案し、実施する努力を強めています。例えば、UAEは最近デジタルアセット法を採用し、この地域における暗号通貨活動が急増しています。

KrakenやCrypto.comなどのデジタル取引所は、UAEの暗号規制に対する明確なアプローチにより、同地域での事業を拡大しました。バイナンスが最近イタリアとフランスでライセンスを取得したことは、ヨーロッパも暗号通貨のイノベーションのために門戸を開くことを計画していることを示しています。

「規制は暗号の導入に役立つだろう。複数の大手機関がビットコイン市場への参入を計画しており、規制のハードルがなくなるのを待っているところです。」とMcCamleyは述べています。

テラ(LUNA)のクラッシュ後、クジラは暗号通貨市場に参入する適切な機会を待つためにキャッシュでお金を蓄積し始めた。個人投資家の採用、アドレス数の増加、マイニング率、蓄積傾向など、ビットコインの現在のファンダメンタルズは、BTCが今後数年で再び史上最高値を更新する可能性を示しています。

3 Reasons to Buy Bitcoin Right Now
Bitcoin plunged below ,000 on 18 June amid a huge sell-off across the crypto market.
タイトルとURLをコピーしました