本田圭佑選手、独自の仮想通貨(暗号通貨)を発行

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

元サッカー日本代表キャプテンであり、現役選手である本田圭佑選手が、独自の仮想通貨(暗号通貨)をリリースすることを自身の所有する会社が明らかにした。

本田選手は現在、ブラジルのトップクラスのクラブであるボタフォゴでプレーし、キャプテンを務めている。また、彼はカンボジア代表チームの監督も兼任している。2014年から2017年の間にイタリアのクラブ、ACミランでもプレーをしていた。

しかし近年、本田選手は仮想通貨の支持者となっているようだ。 2018年、彼は日本の仮想通貨取引所「ビットポイント(BITPoint)」と広告契約を結んだ。

そして現在、日刊スポーツによると、彼の会社であるKSKエンジェルファンドは、「KSKホンダコイン」という名前の暗号資産を発行すると発表した。

同社は、「ファンがサッカー選手や起業家とつながるために、世界中のファンのために新しいデジタル通貨を立ち上げる。」と述べた。

トークン保有者は彼と交流する機会も

トークン保有者は、彼が運営するプライベートソーシャルメディアチャンネルにアクセスしたり、「選手の生活に密接に関連した」独占ビデオを視聴したり、本田選手やメンバーと交流したりすることができる。

報道機関は本田選手とフォロワーとの「新しいつながり」を助けるためにトークンを立ち上げたと述べている。

本田氏は以下のようにも述べている。

 

今回の試みには実験的な部分があり、何が起こるのか想像できない。しかし、もっとオープンな形でファンと繋がりたかったためにこのプロジェクトを開始した。(暗号資産)によって得られた資金で何をするのかまだ決めていないが、トークン利用に関する情報についてすべてのトークン保有者に(相談し)公開することを約束する。

Japanese Football Megastar Keisuke Honda Launches His Own Crypto Token
Japanese football supremo Keisuke Honda is set to release his own cryptoasset, a company owned by the celebrity has revealed. Honda currently plays for and capt...
タイトルとURLをコピーしました