5周年のイーサリアム好調、先物取引高が過去最高に

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

イーサリアム、先物建玉が急増

時価総額上位の仮想通貨が好調だ。

過去1週間、騰勢を強めていた時価総額上位の仮想通貨は、週間騰落率でビットコイン(BTC)が17%高、イーサリアム(ETH)が22%高、XRPが19%高となった。これら3銘柄は、高値水準を維持するなど堅調だ。

31日の仮想通貨市場は、5周年を迎えたイーサリアムは前日比4%高の3万5千円台まで急伸し、25日の年初来高値を上回った。 前日も好調であったXRPも大きく反落せず25円台で推移している。

イーサリアムは、①公式ツイッターで31日2時30分に5周年を祝うツイート、②DeFiとステーブルコイン分野の台頭、③ETH先物の建玉大幅増加などが材料視された。

また、イーサリアムを含める市場最大規模の仮想通貨関連詐欺PlusTokenの首謀者全員が逮捕されたことも、懸念緩和を後押しした。

イーサリアム先物、出来高過去最高に

イーサリアム先物の建玉推移は、出来高、OI(取組高)共に増加。24時間推移では、Huobi、OKEx、Binanceと中華系取引所が出来高を牽引する。

出典:Skew.

全期間の先物取引高の推移では、45億ドル(約4900億円)を記録した2月の水準を超え、過去最高値を記録している。

また、取引所の累計OI(取組高)は、11億ドルを超えた。内訳は1位OKExの3.27億ドル、2位Huobiの2.69億ドル、3位BitMEX2.37億ドル、4位Binanceの1.41億ドル、5位FTXの1.28億ドルとなった。

出典:Skew.

タイトルとURLをコピーしました