Helen Partz

インテル

仮想通貨ビットコインの時価総額、インテルやコカコーラを抜く

ビットコインの上昇と同時に、インテルやコカコーラなど巨大企業の業績低迷を受けて、ビットコインの時価総額が2社の時価総額を上回ったことがわかった。 仮想通貨(暗号資産)市場が強気トレンドにある中で、ビットコイン(BTC)の時価総額がインテルとコカコーラといった主要な上場企業を抜いたことがわかった。これはビ...
Tokens

バイナンスの仮想通貨デビットカード、欧州で正式デビューへ | 8月からユーザー登録開始

仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンス(Binance)による仮想通貨デビットカード「バイナンスカード」が、欧州経済地域(EEA)の国々で正式にデビューする。 仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンス(Binance)による仮想通貨デビットカード「バイナンスカード」が、欧州経済地域(EEA)の国々で正式にデビ...
アルトコイン

仮想通貨ビットコインキャッシュ推進派 Bitcoin.comのフォーラムが唐突に閉鎖

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)推進派のBitcoin.comが主催するフォーラムが、23日、唐突に閉鎖となった。 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)推進派のBitcoin.comが主催するフォーラムが、23日、唐突に閉鎖となった。仮想通貨関連の検閲なしの議論の場として知られていた同フォーラムは、「ビットコイン伝道師」ロジ...
アルトコイン

FCバルセロナのファン向け仮想通貨、トークンセール開始2時間で完売

スパインのサッカー界の巨人、FCバルセロナは、スポーツを中心としたトークンプラットフォーム「チリーズ(Chiliz)」と「ソシオス(Socios.com)」通じて販売した、最初のFCバルセロナのファントークン(BAR)を完売した。 スパインのサ&#124...
未分類

「インドで仮想通貨XRP普及を」リップル社がポリシーペーパー提案

米リップル社はインドでの仮想通貨(暗号資産)を規制するための政策フレームワークを提案している。 米リップル社はインドでの仮想通&...
Pavel Durov

ロシアでテレグラムが正式に解禁に、禁止命令から2年

ロシアで2018年以降公式に禁止されていたメッセージアプリ「テレグラム(Telegram)」が正式に解禁になったことがわかった。デジタル発展・通信・マスコミ省(Roskomnadzor)が18日、公式に禁止令を解除した。 ロシアで2018年以&#3847...
ビットコイン(BTC)

メッセージアプリ「テレグラム」CEO、仮想通貨ビットコインで10BTC寄付 | ロシアでの新型コロナ支援で

メッセージングアプリ「テレグラム(Telegram)」の創業者兼CEOのパブロ・デュロフ氏は、テレグラムのブロックチェーンプロジェクトを終了した後、仮想通貨(暗号資産)を使ったチャリティーを開始した。 メッセージングア&#12...
ビットコイン(BTC)

グレイスケール保有の仮想通貨ビットコイン、1年で約80%増加

米仮想通貨投資ファンドのグレイスケールは、5月19日、保有する仮想通貨資産額が過去最高となる38億ドル(約4066億円)に到達したことを発表した。2019年の5月の保有資産は21億ドル(約2140億円)だったことから、1年間で80%以上も増加したことになる。 米仮想通&#36008...
ビットコイン(BTC)

仮想通貨取引所バイナンス、中国でドメインを取得 「まずは教育とテクノロジーに焦点」

世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスは、世界で最も仮想通貨取引の規制が厳しい国の1つである中国に接近しつつある。 世界最大級の仮想通貨取引所バ...
ビットコイン(BTC)

10年後に仮想通貨は存続するか? 欧州では66%の人々が「イエス」=ビットフライヤー調査

仮想通貨取引所ビットフライヤー・ヨーロッパが29日に発表した調査によると、欧州の人々は新型コロナウィルスのパンデミックの中で、仮想通貨の未来に自信を深めている。 仮想通貨取引所ビットフ...
タイトルとURLをコピーしました