ビットコイン(BTC)

BitcoinTalk.orgの顧客データベースがDarkWebにて売りに出される

これらは2015年にハッキングされたものだが、最近になってそれが発覚した。

webサイト”HackRead”によると、ハンドルネーム “DoubleFlag”を名乗るハッカーはこれらのデータだけでなく、先日Dropboxからハッキングされた6800万人のデータも同じく販売しているという。

BitcoinTalkのデータ価格は1BTCで販売されており、データベースには514,408アカウントのユーザーネーム、E-mailアドレス、個人番号、性別、誕生日、ウェブサイトのURL、住所、パスワードが含まれているという。(パスワードは暗号化されている)

内、600アカウント分のデーターは画像にて既に掲載されている。

今年に入ってからは、その他にも多くの個人情報がこのDark Webによって取引されている。

https://www.hackread.com/hacked-bitcointalk-forum-database…/

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ノアコインについてフィリピン大使館から注意喚起

    あたかもフィリピンの国家プロジェクトであるように思わせる、フィリピン発…

  2. 仮想通貨全般/経済

    取引所「Coincheck」など サーバーダウンで取引停止

    ビットコインなどの仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコイン…

  3. 仮想通貨全般/経済

    中国格付け「世界パブリックチェーン技術評価インデックス」でイーサリアムが1位に

    中国情報産業発展局(CCID)が初の「世界パブリックチェーン技術評価イ…

  4. 仮想通貨全般/経済

    急成長の兆し。下落相場にもかかわらずBinanceとCoinbaseは雇用を増やし続けている

    2018年を通じて仮想通貨市場が80%も下落したにもかかわらず、ユーザ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ビットコイン関連、注目の11銘柄リストはコレだ!

    将来性が期待されるビットコイン、1ヶ月前の10月はじめには約61,50…

  6. 仮想通貨全般/経済

    「正確な取引量を公開する10の取引所」最新の調査で明らかに

    残念ながら多くの仮想通貨取引所の取引量はフェイクであると、ビットコイン…

過去記事

新着記事

PAGE TOP