未分類

アルトコイン/他

【US市場】暗号資産市場はさまざまな動き──ドージコインは上昇

暗号資産(仮想通貨)市場は25日、投資家がさらなる市場リスクに備えるなか、さまざまな動きとなった。 一般的に投資家は高い不確実性に直面すると、株式や暗号資産のような投機的資産への投資を減らす。今年現時点まででS&P500は約12%、ビットコイン(BTC)は17%下落している。一方、伝統的な安全資産のゴールドは、3月の高値から8%下落しているものの、年初からは3%上昇している...
未分類

イーロン・マスク氏、ツイッター社買収を提案した理由を語る

米テスラのイーロン・マスクCEOは、ツイッター社の買収を提案した理由を語った。同氏はツイッターブルーの支払い手段に、仮想通貨ドージコインを導入すべきと投稿したこともある。
未分類

TIME誌の「最も影響力のある企業100選」、メタバース・仮想通貨関連企業がランクイン

OpenSeaなどがランクイン 米老舗ニュースマガジンの「TIME」誌は30日、毎年掲載する「最も影響力のある企業100選」を発表。暗号資産(仮想通貨)やメタバース(仮想空間)、NFT(非代替性トークン)関連企業も複数ランクインした。 同リストはTIME誌が毎年選考する「世界中に最も大きな影響を与えた企業」を称えるもの。医療やIT、エンターテインメントなど多数の分野か...
未分類

Crypto.comが「2022 FIFAワールドカップ」公式スポンサーに

暗号資産(仮想通貨)取引所のCrypto.comは22日、「2022 FIFAワールドカップ」の公式スポンサーになると発表した。ワールドカップの会場に同取引所の名前が表示される。なお、契約金額は公開されていない。 「サッカーほど世界をひとつにするスポーツはなく、FIFAワールドカップほど世界をひとつにするスポーツイベントはない」と同取引所最高マーケティング責任者(CMO)、スティー...
未分類

米モデルナ 22年のワクチン売上高2.1兆円超の見通し

米バイオ製薬モデルナ(ティッカーシンボル:MRNA)は2月24日、2022年の新型コロナウイルスワクチンの売上高が190億ドル(約2兆1,800億円)になるとの見通しを発表した(*1)。 21年第3四半期時点では、同売上高を170億ドルと見込んでいたことから、20億ドル見通しを引きあげたことになる(*2)。190億ドルは契約済み分の金額であり、22年の契約見込み分は含めていないことから、会...
未分類

ビットコインがルーブル建てで急騰した本当の理由

ビットコイン(BTC)は2日、ルーブル(RUB)建てで最高値を更新。 これは何を意味しているのだろうか? 異なる資産クラス間で単純に価格を比較しても、価格フィードが全体像を明らかにしてくれることはない。とりわけ、比較対象の通貨の1つが、ウクライナ侵攻に対して経済制裁に直面している国家によって発行されていて、もう一方はデジタル通貨である場合はなおさらだ。 米ドルとルーブルの価格を見てみる...
未分類

三菱UFJ銀行、邦銀初のNFT事業に参入へ

三菱UFJ銀行は3月2日、NFT(非代替性トークン)などのデジタル資産事業に参入することを明らかにした。香港のWeb3.0企業大手Animoca Brandsと協業し、NFTの発行支援や電子市場の運営など幅広い事業を検討するという。日本の銀行がNFT関連事業に参入するのは初とみられ、早ければ年内にもサービスを開始する。 NFTは、アニメやアート作品などのコンテンツを改ざんできない形でデジタ...
未分類

21年の世界半導体売上高 過去最高となる5,500億ドル 各社が生産能力を増強

米国半導体工業会(SIA)は2月14日、2021年の世界の半導体売上高が前年比26.2%増の5,559億ドル(約64兆2800億円)と、過去最高に達したことを発表した(*1)。グローバルに半導体が不足するなか、メーカー各社が生産能力を引きあげた。 半導体の出荷数も過去最高となる1兆1,500個となった。ジョン・ニューファー最高経営責任者(CEO)は「高水準の需要に対応するため、半導体メーカ...
未分類

ロシア市民も匿名で支援、ウクライナへ仮想通貨寄付 BNBチェーンやイーサリアム銘柄などに対応

ロシア市民がウクライナ市民へ寄付 ロシア国内でも暗号資産(仮想通貨)を利用して、ウクライナ市民に人道支援を行う動きが進んでいる。 日本を含む、米国や西欧諸国は先週末、2月24日にウクライナ侵攻を決行したロシア政府に対して経済制裁を発令。SWIFT(国際銀行間通信協会)からロシアの大手銀行を排除したほか、米財務省も仮想通貨を制裁対象に加えており、仮想通貨を利用した制裁回避を警戒する動き...
未分類

イーサリアムの主要サービス、特定地域のユーザーをブロック

暗号資産(仮想通貨)が国際的な制裁を逃れる手段となるリスクに業界全体が注目するなか、イーサリアムエコシステムの2つの主要サービス──MetaMaskとInfura──が「特定エリア」のユーザーのアクセスを制限する動きを見せた。 「MetaMaskとInfuraは、法令遵守のため、特定の地域では利用できません」と、コンセンシス(ConsenSys)が管理する暗号資産ウォレットのMetaMas...
タイトルとURLをコピーしました