アルトコイン

  1. リップルは現在530人以上のスタッフを世界中で雇用

    リップル社(Ripple Inc.)は、比較的小規模な仮想通貨スタートアップだったにもかかわらず、拡大を続けているようだ。現在のXRPの下落でさえ、SW…

  2. イーサリアムへの関心がgoogle調べで96%低下、しかし開発者数に希望の光

    「Ethureum(イーサリアム)」というワードの検索は2019年のBitcoin(ビットコイン)よりもさらに低下したが、開発者の活動を分析した結果、イーサリア…

  3. イーサリアム、Upbitで53億円ハッキングにも関わらず上昇

    27日に342,000ETH(当時約4,900万ドル相当:日本円で約53億円)が韓国の仮想通貨取引所「Upbit」から盗まれた後、市場は一時急落した。U…

  4. XRP、SWELL以来16%のダウン!価格は回復するか?

    Ripple(リップル)のXRPは、今年の待望のSwell(スウェル)カンファレンスの上昇に失敗しただけでなく、実際にはすぐに価格が16%下落した。価格は回復で…

  5. 著名アナリストのピーターブラント、リップルがついに底を打った可能性を指摘

    リップルのXRPはほぼ2年間下落傾向にある。この3番目に大きい仮想通貨は、2018年1月に史上最高値3.30ドルを記録した。それ以来、投資家は痛みしか経…

  6. リップルのXRPはイベント”SWELL”宣伝で6%上昇、ビットコインを凌ぐ

    投資家や投機家などが今後のリップルのイベントの影響により、XRPを強気と予想したため、14日のXRP価格は、ビットコインと他のライバルの仮想通貨に比べより良いパ…

  7. 米CFTCの委員長「イーサリアムはデリバティブ(商品)である」と名言

    イーサリアムが輝く番かもしれない。米国商品先物取引委員会(CFTC)は、イーサ(ETH)はコモデティ(商品)だと宣言したことが大きな話題となっている。イ…

  8. イーサリアム2.0はスキャム?激しい論争が巻き起こりヴィタリック氏は反論

    イーサリアム2.0の段階的なリリースは間近であるが、批評家は潜在的なリスクに対する懸念を表明し、イーサリアムをスキャム(詐欺)とさえ呼んだことが話題となっている…

  9. リップルCEO「2023年までリブラは実現しない」

    フェイスブックの独自通貨発行プロジェクト、リブラ(Libra)は、少なくとも2023年まで実現しないだろうとリップルのCEOは発言している。3年はローン…

  10. フォロワーの多いトレーダー、軒並みリップルに強気

    リップルは、対ビットコインで見ると2019年のパフォーマンスは悪い。 3番目に時価総額の大きい仮想通貨であるリップル(XRP)は、年初から63%以上低下している…

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP