ビットコイン(BTC)

  1. ビットコインは「80年代のインターネットのようなもの」ブライアン・ケリー氏

    投資家のブライアン・ケリー(Braian Kelly)氏は13日、CNBCのファストマネーの中で、「仮想通貨は1980年代のインターネット」のようなものだと発…

  2. 仮想通貨ファンドマネージャー、ベア市場は「ほぼ終わった」

    クリプト・アセット・マネジメント(Crypto Asset Managment、LP)のマネージング・ディレクターであるティモシー・エンネキング(Timothy…

  3. ビットコインが第2四半期に反発すると考えられる3つの理由

    今年、ビットコインにとってあまり良くないスタートを切りましたが、そろそろ明るい兆しが見え始めるかもしれません。規制当局からの圧力と、googleやFac…

  4. ビットコインの最近の下落は目新しいものではない

    2018年の第一四半期は、ビットコイン価格の歴史の中で最悪の記録となりました。約115億ドル(約1兆2200億円)が時価総額から減り、年初より約3分の1近くの価…

  5. Bithumbと電子決済Korea Pay Servicesが提携、8000店舗の利用目指す

    韓国大手取引所ビッサム(Bithumb)は、小売店での仮想通貨決済サービス利用を促進する動きで、Korea Pay Servicesとの新たな提携を発表しました…

  6. ビットコインは8000ドルを下回ったが下落は限定的な可能性

    今週月曜日、売り手は仮想通貨市場で依然強いまま優勢な展開を見せ、ビットコインを8,000ドル以下に切り下げ、直近安値である7,300ドルを再テストする動きを見せ…

  7. ビットコインが8500ドルを下回り、仮想通貨市場はスランプから脱出できず

    3月25日以降、仮想通貨市場は3500億ドルの時価総額を取り戻せずに苦戦を強いられています。"Ontology"や"Ethos"などのマイナーな時価総額の低いア…

  8. ツイッターCEO「ビットコインは世界の単一通貨となる」

    ツイッターと決済サービス会社を運営する会社、スクエアのCEOである、ジャック・ドーシー氏(Jack Dorsey)は自身もビットコイン投資者であり、今後のビット…

  9. 下落トレンドの底値は近いのか?

    仮想通貨市場は依然として弱気なトレンドを継続しており、多くの仮想通貨トレーダーにとっては、不明瞭な相場が続いています。18日に1BTCが7325ドルまで…

  10. 「ビットコインの苦痛指数、今がビットコインの買い時を示している」トーマス・リー氏

    ウォール街のストラテジストである、トーマス・リー氏が作成した「ビットコイン苦痛指数(Bitcoin Misery Index)」の指標によると、今がビットコイン…

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

新着記事

アーカイブ

  1. アルトコイン

    ビットコインゴールドを利用した詐欺により300万ドルの被害発生
  2. ブロックチェーン

    ブロックチェーン推進協会 設立8ヶ月弱で加盟企業数が100社を突破
  3. フィンテック

    「ロボアド」をご存知ですか?
  4. ビットコイン(BTC)

    Mt.Goxの仮想通貨売却でビットコインが再び2018年安値に
  5. ビットコイン(BTC)

    億万長者のマイケル・ノボグラッツ氏「まもなくビッグマネーがビットコインに流れてく…
PAGE TOP