ビットコイン(BTC)

  1. ドイツの都市ハノーファーで公共料金がビットコイン支払い可能に

    ドイツで電気やガス等を供給するEnercity社は仮想通貨の広がりを受けてビットコインでの料金支払い受付を開始すると発表した。Enercity社は270…

  2. Poloがニューハンプシャーの居住者を一時的に凍結!!

    Poloniex(大手暗号通貨取引所)は公式サイトにて、ニューハンプシャー居住者を一時的にBANすることになったことをアナウンス。ニューハンプシャー州の…

  3. タイでビットコイン利用が増える可能性のある4つの理由

    世界中の銀行と同じように、タイの銀行は、流行に後れないようテクノロジーに投資をしてきている。サイアム商業銀行は、昨年の利益の7%から15%まで、技術予算…

  4. イーサリアムのハッシュレートが一時下落

    9/19(日)イーサリアムのマイナーが、イーサリアムのマイニングリグのRAM使用率を過剰に消費するメモリリークを引き起こすエラーを発見し、ハッシュレートとセキュ…

  5. インフラプロジェクトに匿名で38BTCの寄付

    ビットコインでの寄付を募るプロジェクトのひとつに、アフリカの子供たちに、安全な水源を確保するプロジェクトがある。そのプロジェクトに、匿名で2回に渡る大口ビッ…

  6. イタリアではタクシーの決済をビットコインで

    Chansideという新たなサービスの登場のおかげで、これからはイタリアのクラシックタクシーをブッキングし、その支払いをビットコインで行うことが出来るようになる…

  7. ビットコイン両替サービスZebpay、インド市場で急成長中

    アプリベースのビットコイン両替サービスを提供するZebpay社は最近、AndoroidとiOSユーザーの累計10万ダウンロードを達成した。インドの人々の間でビッ…

  8. イタリア政府、ビットコインを通貨として扱い課税する意向を示す

    ビットコインで買い物が出来るインフラが整うイタリアでは、個人のビットコイン保有は投機目的にあたらないため、課税されず。しかしながらある一定の基準を超えると課税さ…

  9. アップルのiMessageで国際送金が可能に

    P2Pを利用した決済アプリ「Circle Pay」が、iOS 10からiMessageを通じた国際送金に対応を発表。利用可能な通貨はUSドル、ユーロ、英…

  10. 《注意喚起》Power BTCは詐欺!?

    PowerBTCというサイト、ビットコインを10%も高く(しかも手数料無料)で買い取ってくれるのは、信じがたく、調べたところ海外のニュースサイトにて、「Powe…

新着記事

ビットフライヤー
bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!

アーカイブ

PAGE TOP