ビットコイン(BTC)

  1. ビットコインの月別安値が次の上昇相場の強さを予感させる

    現在のところ、ビットコイン価格は2018年よりも2019年は明らかに実りの多い年になった。とはいえ、史上最高値にカムバックできる兆候はまだ出ていない。安…

  2. ビットコインが4回目のパラボリックフェーズに突入?上昇の可能性を米アナリストが示唆

    評価の高いトレーダーであり、アナリストのピーター・ブランド(Peter Brandt)氏は1日、ビットコインが第4のパラボリックフレーズに入った可能性をツイート…

  3. ビットコインが下落、しかし今購入しない3つのシンプルな理由とは

    ビットコインは今週、1万ドルを割って4桁の9,000ドル台に下落した。下落局面では長期的に見れば強いビットコインを拾いたくなるが、テクニカル分析から、今…

  4. ビットコインが広く普及した後、価値は幾らになるのだろう

    何年ものあいだ、世界中にビットコインに普及した場合、1BTCの価格がどうなるかについて多くの人々が話題にしてきた。もし、大量の世界中の資産がビットコイン…

  5. モルガンクリークのポンピリアーノ氏「すべての機関投資家がビットコインを購入するだろう」

    ビットコイン価格は2ヶ月近く横ばいが続いているが、仮想通貨の強気派であるアンソニー・ポンピリアーノ氏は機関投資家の関心の高まりがブレイクアウトに繋がる可能性があ…

  6. ビットコイン、過去の弱気トレンドパターンと類似で下落の可能性

    ビットコインは過去の類似するテクニカルパターンから、現在、短期的に弱気であり、長期的には強気の可能性があると見られている。テクニカル分析によると、価格が…

  7. Tポイントでビットコイン購入が可能に

    20日、仮想通貨取引所国内大手のビットフライヤー(bitFlyer)は同日から「Tポイント」でビットコインを購入できるようになったと日本経済新聞が報じた。…

  8. ビットコイン13,000ドルに回復出来ていない3つの理由とは

    暗号通貨アナリストが回復の予測を打ち立てているにも関わらず、ビットコインの価格は5桁台前半で推移している。一体何が起きているのか?今週初めに11,000…

  9. トム・リー氏「ビットコインは2019年に最高値を更新する」

    ビットコインを安全な資産と見なすべきかどうかについての議論が激化している。結局、今週世界の株式市場が打撃を受けていたにもかかわらず、暗号通貨への資産の流…

  10. バイナンスの米国子会社が30種類の暗号通貨上場を検討中

    世界最大の取引量を誇る暗号通貨取引所、バイナンス(Binance)の米国子会社は、30種類の暗号通貨の上場を検討している。9日のミディアム(Medium…

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP