経済/社会

経済/社会

北朝鮮に仮想通貨を教えたとして逮捕されたイーサリアム研究者が突如罪を認める

北朝鮮に仮想通貨やブロックチェーンに関する知識を教えたとして逮捕されたイーサリアム研究者のヴァージル・グリフィス氏が突如罪を認めたことがわかった。同氏はこれまで無罪を主張していた。 北朝鮮に仮想通貨やブロックチェーンに関する知識を教えたとして逮捕されたイーサリアム研究者のヴァージル・グリフィス氏が突如...
経済/社会

マスターカードがブロックチェーン分析企業を買収、デジタル資産領域への対応強化

決済大手マスターカードが、ブロックチェーンの分析サービスを提供する米CipherTraceの買収を9月9日に発表した。CipherTraceの高い技術力が目的のようだ。

The post マスターカードがブロックチェーン分析企業を買収、デジタル資産領域への対応強化 first appeared on 金融・投資メディアHEDGE GUIDE.

経済/社会

中国恒大集団の3000億ドルの債務危機、仮想通貨業界にも影響を及ぼすか?

中国で2番目に大手の不動産開発業者である中国恒大集団(Evergrande Group)が3000億ドルのデフォルト(債務不履行)に陥るとの懸念が浮上しているが、アナリストの一部は同社のデフォルトが仮想通貨業界にリスクが波及するかどうかについて議論している。 中国で2番目に大手の不動産開発業者である中...
仮想通貨情報

金融庁が2021年度の金融行政方針を公開、仮想通貨交換業やNFT・IEO事業にも言及

金融庁は2021年度の金融行政の方針などに関するレポートを公開。仮想通貨、NFTやIEOなどに関する言及も見られた。
経済/社会

テーパリングは逆風となるか──ゴールドマン・サックスは11月開始を予想

米投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストは、米連邦準備制度理事会(FRB)が11月から量的緩和政策の段階的な縮小、いわゆる「テーパリング」を開始する可能性 ... The post テーパリングは逆風となるか──ゴールドマン・サックスは11月開始を予想 first appeared on coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン....
経済/社会

GPIF、2020年度の運用実績は黒字最大37兆円。コロナ対策で株価上昇

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2020年度の運用実績を発表した。37兆7986億円の黒字となり、黒字幅は最大となった。年度の運用成績が黒字になるのは18年以来。新型コロナウイルス感染拡大を受け、主要国では経済対策として大規模な財政支出や金融緩和が実施され、国内外の株価が大幅に上昇。収益率も25.15%で、過去最高となった。

The post GPIF、2020年度の運用実績は黒字最大37兆円。コロナ対策で株価上昇 first appeared on 金融・投資メディアHEDGE GUIDE.

経済/社会

20代~30代の54%がコロナ禍で「お金の価値観変わった」、この一年で「資産運用始めた」も11%増

マネックス証券株式会社は全国の20~30代の有職者の男女を対象に「社会を応援する投資」についての意識調査を行い、5が31日に結果を公表した。調査は株式会社マクロミルに委託し4月 27日から4月30日まで同社モニターを対象に実施、878名から回答を得た。昨年5月にも同様のテーマで調査を行っており、結果には、コロナ禍の1年における意識や行動の変化が現れている。

The post 20代~30代の54%がコロナ禍で「お金の価値観変わった」、この一年で「資産運用始めた」も11%増 first appeared on 金融・投資メディアHEDGE GUIDE.

経済/社会

米アップル、仮想通貨決済の職歴を持つ人材を募集へ

米IT大手アップル社が、仮想通貨決済に関する職歴を持つ人材の募集を開始。同社の今後のサービス展開に注目が集まっている。
経済/社会

米上場企業コインベース、1,400億円の私募債を検討

米ナスダック上場の大手仮想通)取引所コインベースは12.5億ドルの私募債を検討している。今後の事業拡大につながるとみられる。
経済/社会

ハンガリー政府、「仮想通貨取引」約15%の大幅減税を計画か

ハンガリーの財務大臣が、コロナ禍の景気刺激策の一環として、仮想通貨取引の利益に課す税率を、およそ半分にする計画があることを明らかにした。
タイトルとURLをコピーしました