仮想通貨全般/経済

  1. コロナウイルスの影響により商品価格が急騰の可能性

    マティ・グリーンスパン氏は、中国発症のコロナウイルスの影響により多くの工場が停止したため、消費者価格が急上昇すると予測している。そして、ビットコインなどのハード…

  2. 中央アジアの安価な電力が中国のビットコインマイナーを誘惑

    ここ数カ月、米国とイランの関係が緊迫しているため、中国のビットコインマイナーが中央アジア、具体的にはカザフスタンとウズベキスタンにファームを構えようとしている。…

  3. 中国で二酸化硫黄の上昇を確認、武漢で大量の火葬を行った可能性

    台湾ニュース(Taiwan News)は、Windy.comに掲載された大気の流れを示すマップで、新型コロナウイルスの震源地である武漢周辺で二酸化硫黄(SO2)…

  4. ウォーレン・バフェットが最初のビットコインを受け取った夕食会

    投資家で知らぬ者はまず居ない、億万長者ウォーレン・バフェット氏。彼との食事の権利を、457万ドル(約5億円)で落札したジャスティン・サン氏は、5人の仮想通貨関係…

  5. 2019年に主要仮想通貨取引所で行われたマネーロンダリング

    専門家はダークネットでの不正な活動について不信を唱え続けており、今もなお仮想通貨取引所では巨額な資金がマネーロンダリングされている。Chainalysi…

  6. 多くのロシア人はアメリカが武漢コロナウイルスを作ったと考えている

    武漢のコロナウイルスの発症原因について、衝撃の噂が聞こえてきた。ロシアのメディアは、2019-nCoVとして知られているこの新しい病気は、中国を妨害する…

  7. コロナウイルスの感染者7000人突破、グーグルが中国オフィスを閉鎖

    米Google(グーグル)の親会社であるAlphabet Inc.(アルファベット)は、猛威を振るう武漢コロナウイルスの流行を背景に、中国での事業を一旦、縮小す…

  8. コロナウイルスは武漢のウイルス学研究所で作られた生物兵器なのか!?

    憶測の域を出ないものの、中国の武漢から世界へ広まりつつあるコロナウイルスは、武漢のウイルス学研究所で開発された生物兵器である可能性があると指摘する報道があった。…

  9. 韓国は仮想通貨の売却益への課税、20%を検討

    韓国政府は、仮想通貨取引から生じる利益に20%の税金を課すことを検討していると言われている。韓国のヨンハップ(Yonhap News Agency)紙は…

  10. バイナンス、ヤフー傘下のTAOTAOと日本進出のため提携、交渉開始

    世界最大級の仮想通貨取引所「バイナンス」(Binance)が、「Zホールディングス」(2019年10月1日にヤフー株式会社から社名変更。)の100%子会社である…

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP