仮想通貨全般/経済

  1. 億万長者のノヴォグラッツ氏、資産の10%は仮想通貨

    億万長者のマイケル・ノヴォグラッツ氏は、彼の全資産の10%が仮想通貨に投資されていることが明らかになった。Michael Novogratz(マイケル・…

  2. インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える

    80年代のバブル景気、90年代台初頭のバブル崩壊、これらを経験した人でないと、”物価が変動すると、お金の価値が変わる”ことについて実感できないかもしれません。…

  3. 26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ

    ビットコインが決済手段として本格的に店舗に導入される動きが広がりを見せ始めたことを、日本経済新聞が伝えている。ビックカメラは今週にも都内2店舗でビッ…

  4. ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討

    ロシアと日本が、共同でクリル諸島にて仮想通貨推進プログラムを展開する可能性が出てきている。ロシアのメディア、FutureBankingが発表した情報によ…

  5. ノアコインについてフィリピン大使館から注意喚起

    あたかもフィリピンの国家プロジェクトであるように思わせる、フィリピン発の次世代の仮想通貨としてセールスされている"ノアコイン"がある。ノアコインには販売…

  6. 仮想通貨関連法4月1日に施行

    仮想通貨交換業者を登録制にするなどを盛り込んだ「銀行法施行令等の一部を改正する政令等」が、4月1日より施行開始されることが決定。施工前の登録準備期間は、3月25…

  7. 中国人民銀行 独自のビットコイン作成へ

    中国の中央銀行である中国人民銀行が2014年に結成した研究グループが、国の暗号通貨の試運転を完了した。これにより中国人民銀行は、将来的に麺から自動車まであらゆる…

  8. インドATMに「子ども銀行券」 新紙幣早くも偽造、管理ずさんと批判

    インドのデリー(Delhi)首都圏で、現金自動預払機(ATM)から「インド子ども銀行」発行の模造2000ルピー(約3400円)紙幣が出てくる珍事があり、警察が捜…

  9. ビットコイン取引を日本に移す中国人投資家-中国報道

    中国メディアの澎湃新闻は14日、ビットコインの取引量で世界最大だった中国では当局がビットコイン取引に対する管理を厳格化していることを伝え、一部の取引所では取引量…

  10. 中国のビットコイン投資家 代わりにP2P取引を利用

    PBOC(中国人民銀行)による、中国大手2社の取引所での引き出し停止処分について、先日お伝えいたしました。これらの厳しい措置と、厳密な調査によっ…

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP