仮想通貨全般/経済

  1. 三菱UFJ銀行:20年秋を目処に休眠口座には1200円徴収

    三菱UFJ銀行は2年間取引がない不稼働口座に対し、2020年10月にも年1200円の口座管理手数料を導入する検討に入った。銀行は近年長引く低金利に苦しん…

  2. バイナンスの影から逃れるために戦う仮想通貨取引所たち

    大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)を語らずして仮想通貨の状況を評価することは出来ないだろう。業界全体に大きな影響を及ぼし、トレンドを決定し、…

  3. Ciecle、取引所Poloniexにある米国顧客の資産を政府に移送する可能性を警告

    仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)の売却に関連し、サークルは、ポロニエックスにアカウントを持つ米国顧客に料金の請求を開始する可能性と、手付かずの暗…

  4. カリフォルニアのゴーストタウンを復活させる仮想通貨マイニング

    2人の投資家が買収した、カリフォルニアの150年前の人里離れたゴーストタウン、セロゴルドという町がある。彼らはなんと、放棄されたこの鉱山の町を仮想通貨とブロック…

  5. 2020年米株式市場は低迷し、投資家はビットコインと仮想通貨へ目を向けるのか?

    2019年の米株式市場は、*FAANG株の圧倒的なパフォーマンスと後退にもかかわらず指数が上昇し続けたため、人々を驚かせた。*「FAANG」とは、米国の…

  6. 仮想通貨市場は驚くほど低い流動性に苦しんでいる

    主要な仮想通貨データ追跡サービスプラットフォームとして知られる「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」は、最近、「Liquidity(流動性)…

  7. 世界中の税務機関が多数の仮想通貨取引の脱税取り締まりを計画中

    アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)は、税金を逃れる「多数」の仮想通貨通貨ユーザーを取り締まっていることを明らかにした。 IRSは、他の4つの国の税務機関と提携し…

  8. IMO Exchangeは儲かるのか?数字から検証してみた

    新たな資金調達方法を提供する取引所「IMO Exchange」については以前から何度か紹介してきた。この取引所について特集していくうちに、高い確率で儲か…

  9. 中国は仮想通貨のローンチが迫り、皮肉にもブロックチェーンへの批判を禁止

    独裁主義的な中国は、ブロックチェーン技術に対する批判を皮肉にも禁止することにした。この動きは、習近平国家主席がより多くのブロックチェーン研究を公に呼びか…

  10. バイナンス、ナイジェリアの「ナイラ」を初の法定通貨ペアとして採用

    バイナンスは初のフィアット(法定通貨)取引ペアを採用したが、それは米ドルではなく、ナイジェリアの「ナイラ(NGN)」であった。ナイラ、バイナンスで最初の…

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP