IMFの景気後退警告でビットコインが21000ドルを下回る

ビットコイン
この記事は約4分で読めます。

ビットコイン(BTC)は7月26日、ウォール街が米国の反インフレ政策の決定を控える中、8日ぶりに21,000ドルを割り込んだ。

BTC/USD 1-hour candle chart (Bitstamp). Source: TradingView

FRBは市場の決意を試す

コインテレグラフ・マーケッツ・プロとトレーディングビューのデータでは、BTC/USDはウォール街のオープンで横ばいの期間を終え、ビットスタンプで2万0788ドルの安値をつけた。

7月20日の高値24,280ドルに対して、7月27日に予定されている米連邦準備制度理事会(FRB)の金利決定を見越してリスク資産全体の緊張が高まったため、ビットコインは現在14%以上下落している。

FRBによる基準金利の引き上げが高くなればなるほど、引き締めが強まれば経済全体に保守的な状況が広がることを意味するため、仮想通貨投資家にとって、見通しが悪くなる。

国際通貨基金(IMF)は26日、2022年7月の世界経済見通しを発表し、今年の実質成長率見通しを3.2%に下方修正した。2023年の見通しも同様に3.6%から2.9%に大幅に下げた。

「景気後退のリスクは特に2023年に顕著で、いくつかの経済国で成長が底を打つと予想され、パンデミック時に蓄積された家計貯蓄が減少し、小さなショックでも経済が失速する可能性がある」と指摘した。

「例えば、最新の予測によれば、米国は2023年第4四半期の実質GDP成長率が前年同期比でわずか0.6%となり、景気後退を回避することがますます困難になる」

日足タイムフレームに注目した仮想通貨投資家のRekt Capital氏は、FRBのイベントが控えているため、ビットコインはすでに上昇トレンドを失ったと警告した。

「BTCは、低いタイムフレームのテクニカルな上昇トレンドを表すハイアーロウを失った」とRektCapital氏は図解チャートをツイッターのフォロワーに提示した。

"トレンドは転換した"

さらに、現在の下落は、ビットコインが先週一時的に上昇後、サポートとしての200週移動平均レベルをあきらめたことの影響だとした。

This #BTC pullback is the technical aftermath of rejecting from the 200-week MA after a Weekly Close below it$BTC #Crypto #Bitcoin pic.twitter.com/SRl2Qlcdp3

— Rekt Capital (@rektcapital) July 26, 2022

「忍耐は美徳である」と、トレーダー兼アナリストのAnbessa氏は主張した。

"再エントリーのための反転パターンを待つべきだ。21600ドルでのエントリーのためのセットアップがないため、私たちは忍耐強くいる必要がある。"

Anbessa氏はさらに、現在の価格では市場に「FOMOする必要はない」とも述べた。

まだ100万ドル可能?

ビットコインに対して慎重に強気になる理由があり、観察中のタイムフレームに沿って確信が増しています。

「予想通り、ボラタイルな週が続いている」とIncomeSharks氏は、「数ヶ月後に」3万ドルの価格になると楽観的な予想を示した。

「今は弱気になって売る時ではない、それは先週のことだ」

一方、ビットコイン価格予想モデルである「ストック・トゥ・フロー(S2F)」作成者であるPlanB氏は、BTC/USDは2027年までにまだ100万ドルまで取引できると主張した。

同時に、米国株式がこれまでにない高みに到達すると予測した。

Some of you are afraid of macro and the link between bitcoin and stock markets etc.
IMO the next ~5 years S&P500 will be in the $5K-$6K range and bitcoin in the $100K-$1M range. Short term is noise, long term is signal. pic.twitter.com/rhz4cigHRc

— PlanB (@100trillionUSD) July 26, 2022

 

タイトルとURLをコピーしました