NFT市場は2027年までに35%成長の136億ドル産業に成長する=調査

未分類
この記事は約3分で読めます。

投資家の間でノンファンジブルトークン(NFT)分野への関心が高まっていることを反映し、新しい調査では、現在の30億ドルの市場規模が2027年末までに136億ドルに達すると予測している。

今後5年間、世界のNFTブームに結びつく重要な要因は、主流のインフルエンサー、ゲームコミュニティ、デジタルアート作品に対する需要の高まりだ。

調査会社MarketsandMarketsは、サプライチェーン管理、小売、ファッションにおける使用事例の増加など、NFT市場の爆発的成長に貢献する他のいくつかの要因を挙げた。

Global NFT market trends. Source: MarketsandMarkets

NFT市場の成長をさらに加速させるのに適した他の要素としては、ソーシャルメディア大手のメタなど既存の市場リーダーによるメタバース構想や、NFTのパーソナライズ化などがある。

2021年11月、コインテレグラフは、アジア太平洋地域(APAC)でNFT関連のグーグル検索が急増し、投資家の関心が高まっていることを報じた。MarketsandMarketsも、この傾向を引用した。

「APAC諸国は、クリエイターとバイヤーに等しい機会を与えるために、一定の開発とマーケットプレイスの立ち上げで台頭している」

香港、シンガポール、中国といった国々でNFT検索が増加している主な要因の1つは、仮想通貨取引やマイニングに対する規制が不十分であることだ。

NFTマーケットプレイスは、現在、NFTエコシステムの成長に最も貢献すると期待されている。オープンシーのような既存のプレーヤーがリードしているが、コインベースやバイナンスなどの仮想通貨取引所は、オープン市場でNFTを交換するための同様のサービスを提供し始めている。

ドージコイン(DOGE)のサポーターとして積極的に活動しているテスラCEOのイーロン・マスク氏は、最近ツイッターのプロフィール画像をBored Apes Yacht Club(BAYC)の人気NFTのコラージュに変更した。

コインテレグラフが先日報じたように、マスク氏の表示画像が一時的に変更されたことで、BAYCのフロア価格が10イーサ(ETH)急騰した。

@elonmusk as much I admire your work I’d like you to remove your pfp that I created for our Sotheby’s sale. Or you credit me . Happy to send you the original file minted with the buyer approval pic.twitter.com/e83ZyxWGH5

— Michael Bouhanna (@michaelbouhanna) May 4, 2022

しかし、コミュニティの一部がこの動きをマスク氏のNFT空間への参入と見たことについて、マスク氏本人はツイートで自身のスタンスを明らかにした。

"どうだろう......ちょっとカビ臭いね"

タイトルとURLをコピーしました