仮想通貨のきほん

今さら聞けない、「ビットコイン」について知っておきたいこと

巷でビットコインという言葉を耳にすることが多くなってきていませんか?とは言っても「ビットコインのこと、まだまだ良く分からない。」なんて人は多いはずです。金がお金そのものであった頃の話も含め、面白い記事をご紹介します。 モノを買う場合、今は現金かカードでの支払いが一般的でですが、これからはビットコインで代金を払う日がやってくるかもしれません。この記事では、「マネー」の概念をおさらいするとともに...
未分類

iPayYouがAmazonで利用できるビットコイン決済サービスを発表

ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、Amazonにてビットコイン決済が可能なAmazon Directという統合ツールのリリースを発表しました。 Amazonの商品1億点以上がビットコインで購入可能に iPayYouは、2016年5月にリリースされると、瞬く間に幅広いレンジでサービスを拡大し、フィアット通貨を利用することなく利用できるサービスを大手販売店...
未分類

三井住友海上保険が仮想通貨取引所向けの保険サービスを開始

三井住友海上保険が、ビットコイン取引所のbitFlyerと共同で取引所向けの保険サービスを提供開始すると発表しました。 ビットコイン価格の上昇に伴いビットコイン投資に興味を持つ人は増えてきていますが、一方で海外では取引所がハッキングの被害に遭い仮想通貨が盗まれる事件も起きています。今年の8月には香港の大手取引所Bitfinexが被害に遭い70億円相当のビットコインが盗まれた。取引所にとっては...
未分類

中国人民銀行、「法定数字貨幣(仮想通貨)」導入に向け本気?

中国の一般紙に仮想通貨についての記事が掲載されました。中国人民銀行(中央銀行)は「法定数字貨幣(仮想通貨)」の研究開発工作を加速する。ただしいつまでに何をするといったタイムスケジュールは決まっていない。とのこと。何か狙いがあるのではないかと噂されています。 開発者の人員集め ビットコインは仮想通貨の次の場景として、ブロックチェーンの開発を継続することが重要と知らしめた。そして実際に、多...
未分類

アナリスト曰く―ビットコインは4桁(米ドル)台に突入するだろう

過去2週間、ビットコインの需要は、世界的に金融市場が不安定な事や、主要な経済的変化、通貨切り下げなどが影響したことで急増。アナリストは、一旦790~800ドル台を突破すれば、すぐさま4桁台へ突入するだろうと分析しています。 インドの500ルピー札と1,000ルピー札の廃貨、中国人民元の切り下げ、中国理財商品 (WMP) への締め付け、ドナルド・トランプ氏の米大統領選勝利など、多くの要因が、ビ...
未分類

インド – 通貨危機の中、ビットコインを900ドルで買う人も

インドでの高額紙幣廃止を受けて、民衆は大混乱の中、インドではビットコインがプレミアム価格に跳ね上がっているようです。 1BTCが900ドル 約1週間前にお伝えしたニュース、インド政府は突然500と1000ルピーの流通を廃止させた記憶に新しいところ。 現在、ビットコインは経済の先行きを懸念するインドの人たちによって激しく求められています。ビットコインへの関心と共に購入が急増していて、ル...
未分類

カナダ政府 – ビットコインのメインストリーム化に向けて加速

最近カナダで行われたイベントによると、カナダ政府が今ビットコインをメインストリームとして採用しようとする動きを強めているとのこと。 11月17日火曜日、トロントで行われたビットコイン・ミートアップの参加者の数は、過去最大級の動員数を記録しました。 イベント開始前には、Crypto Consultantの代表であり、カナダのビットコイン・アンバサダーとして名乗りを上げたことでも知られるJ...
未分類

早稲田大学の教授が語るビットコイン

早稲田大学教授、岩村充さんが「ビットコインの未来」について以下のように語っています。 もはや「ビットコイン」という名を聞いたことのない人の方が少数派でしょう。 ビットコインとは、サトシ・ナカモトという人物の名で、2008年にインターネット上に掲載された文書を基礎とする通貨的な機能を持つシステムで、それに追随したさまざまなグループにより新たに作り出された数多くの類似システムとあわ...
未分類

領収証のルールが2017年から変更に。ますます進むフィンテック。

税制改正に伴い、2017年から領収書の取り扱い方が変更になるもよう。なんと!スマートフォンやデジタルカメラなどで撮影した領収書のデジタルデータが領収書の原本の代わりとすることが可能となるそうです。 スマホで撮影の領収書がOKに 2016年度の税制改正に伴い電子帳簿保存法が改正され、2017年1月1日よりスマートフォンやデジタルカメラなどで撮影した領収書のデジタルデータでの保存が申請すれば認められ...
未分類

領収証のルールが2017年から変更に。ますます進むフィンテック。

税制改正に伴い、2017年から領収書の取り扱い方が変更になるもよう。なんと!スマートフォンやデジタルカメラなどで撮影した領収書のデジタルデータが領収書の原本の代わりとすることが可能となるそうです。 スマホで撮影の領収書がOKに 2016年度の税制改正に伴い電子帳簿保存法が改正され、2017年1月1日よりスマートフォンやデジタルカメラなどで撮影した領収書のデジタルデータでの保存が申請すれば認...
タイトルとURLをコピーしました