過去の記事一覧

  1. 仮想通貨全般/経済

    ビットコイン4,000ドルに回帰、2週間ぶりの高値に

    時価総額において世界最大の仮想通貨であるビットコインの価格は、日曜日に突如上昇し6.5%プラス、2週間で直近高値の4,000ドルを超えた。ビット…

  2. ビットコイン(BTC)

    凄腕トレーダーのマーク・ダウ氏「ビットコインが3190ドルを割ったら要注意」

    ビットコインが最高値を付けた2017年の12月から直近の底値まで、見事にショートポジションを取った凄腕トレーダーのハナシは先日このブログでご紹介した。…

  3. 仮想通貨全般/経済

    ワインの会社が日本の仮想通貨取引所の株式を約33億円で過半数取得

    マディソン・ホールディング・グループは、国内仮想通貨取引所「Bitocean(ビットオーシャン)」(東京都江東区)の株式67.2%を16.8億円で買収することに…

  4. 仮想通貨全般/経済

    インド仮想通貨取引所、あいまいな規制の中でも記録的な取引量を記録

    インドの中央銀行による規制の不確実性と銀行からの制限にもかかわらず、インドの仮想通貨取引所は毎月記録的な取引量を記録しているという。 WazirxのCE…

  5. 仮想通貨全般/経済

    弱気市場のNYダウ、ホワイトハウスが投資家を楽に出来なかったワケ

    先週NYダウは世界的な経済不安と今後の不透明性を背景に23,970ポイントから21,846ポイントまで急激な売り高を記録した。日本の株式市場もこれに引き…

  6. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨市場の時価総額10日間で450億ドル上昇、これは底が近づいているサインなのか?

    12月15日以来、10日間でビットコインは一時4,200ドルに達したことで、仮想通貨市場は450億ドルの時価総額の上昇に繋がった。多くのアナリス…

  7. 仮想通貨全般/経済

    GMOインターネット、仮想通貨マイニング事業で355億円の特別損失、マシン販売からは撤退するもマイニ…

    GMOインターネット株式会社(東証:9449)は25日、自社のホームページにおいて仮想通貨マイニング事業における特別損失計上を発表した。当社は、 本…

  8. ビットコイン(BTC)

    承認待ちのBakktビットコイン先物取引にまもなく出るGOサインと有名トレーダーが考える今後の見通し…

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道によると、現物のビットコインを担保にするBakktのビットコイン先物取引が、当局からOKサインを得られるのはもう…

  9. ビットコイン(BTC)

    ブライアン・ケリー氏「ほぼ底に入っているがまだショートだ」

    デジタル資産投資会社BKCM LLCの創設者兼CEOであり、CNBCの番組内でビットコイン強気派として知られているブライアン・ケリー氏は、伝えられることによれば…

  10. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの最高値からショートしていた凄腕トレーダー、ポジションを閉じたと報告

    元IMFのエコノミストであった投資家の脅威の的中トレードが話題をよんでいる。仮想通貨市場は最近反発気配を見せ、3日連続で上昇している。昨年の12月、ビッ…

過去記事

  1. アルトコイン

    仮想通貨分析家トム・リー氏、やられていたイーサリアムが息を吹き返すと予測
  2. ビットコイン(BTC)

    ナスダック、VanEckと提携。ビットコイン先物「Crypto2.0」を発表。来…
  3. ビットコイン(BTC)

    ポーランド政府が正式にビットコインや他の暗号通貨の取引を認知
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインがベネズエラの経済危機を救う
  5. ビットコイン(BTC)

    「Segwit2x」11月のハードフォーク中止
PAGE TOP