過去の記事一覧

  1. 仮想通貨全般/経済

    バイナンスを宣伝する為の偽アカウントが発覚か?

    同一のスペルミスが、大手取引所バイナンスとそのCEO、ジャオ・チャンポン(Changpeng Zhao)氏(通称CZ)のツイッターアカウントを後押しするための、…

  2. 仮想通貨全般/経済

    コインチェックの「レバレッジ取引」サービスが終了

    国内の主要取引所であるコインチェック(Coincheck)(東京・渋谷)は16日、「レバレッジ取引」のサービス提供を2020年3月13日(金)12:00をもって…

  3. 仮想通貨全般/経済

    2017年11月に購入されたHODLビットコインは保有されたまま動いていない

    ビットコインの流通供給量の半分以上が1年以上動いていないことが新しい研究で明らかになった。この結果は、富の蓄積への考えが依然として強く、短期派がBTC市…

  4. アルトコイン

    イーサリアムへの関心がgoogle調べで96%低下、しかし開発者数に希望の光

    「Ethureum(イーサリアム)」というワードの検索は2019年のBitcoin(ビットコイン)よりもさらに低下したが、開発者の活動を分析した結果、イーサリア…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン、ロング勢増加の強気シグナルは暴落の予兆?

    ビットコインをロング(暫く保有することを目的に購入)するトレーダーの数が過去最高なほど増えてきているように見える。一見、それは強気シグナルのように聞こえるが実際…

  6. ビットコイン(BTC)

    「伝説の」ゴールデンクロスが2020年にビットコインを新しいピークに押し上げる可能性がある

    長期ビットコイン価格の伝説的なテクニカル指標が、来年の「明るい日」への道を切り開く可能性がある。大きな動きに備えたビットコイン価格BTCの短期的な状…

  7. ブロックチェーン

    リトアニア:2020年に世界初の収集可能なブロックチェーン発行コイン

    新たなフィンテックおよび仮想通貨のハブとしての地位をさらに確立するため、リトアニアは世界初の収集可能な仮想通貨コインを発行する。記念コインは、1918年の独立法…

  8. ビットコイン(BTC)

    ビットコインに訪れるはずの機関投資家の参入はどうなった?

    次のビットコインの強気な上昇は、機関投資家の流入によって導かれることになっていた。従来の投資商品には無かった利益のポテンシャルに魅了され、信頼できるブラ…

  9. ビットコイン(BTC)

    ビットコインホルダーは2020年、人生を変える様な利益を手にする!?

    2019年は蓄積の年であった。ある人気トレーダーによると、2020年はビットコインとアルトコイン保有者の人生を変えるような利益享受の年になるという。水曜…

  10. 仮想通貨全般/経済

    三菱UFJ銀行:20年秋を目処に休眠口座には1200円徴収

    三菱UFJ銀行は2年間取引がない不稼働口座に対し、2020年10月にも年1200円の口座管理手数料を導入する検討に入った。銀行は近年長引く低金利に苦しん…

メディアパートナー

過去記事

PAGE TOP