ブロックチェーン

PC、ネットに続く第3のIT革命「ブロックチェーン」とは何か

昨年末あたりからフィンテック(Fin-Tech)という言葉をよく聞くようになった。Financial Technologyの略であり、直訳すれば「金融技術」

中でも今年になって注目を集めているのが「ブロックチェーン」だ。この8月12日にはついに、ダボス会議で知られるWorld Economic Forumが、ブロックチェーンを近未来の金融インフラとして位置づけるレポートを公表した。

仮想通貨であるビットコインの基盤であるこの技術は、利用者の間でビットコインによる支払いを完遂させるため、暗号化された情報をやり取りし、その取引結果を公開された台帳に記帳し、それらを分散して所有(共有)する。

具体的には、世界中の全ビットコイン利用者の間で10分ほどの間に行われた取引(transaction)を記録する単位が「ブロック」と呼ばれ、そのブロックが鎖(チェーン)状につなげられていくことで取引の正当性が確保され続けていく。それゆえ「ブロックチェーン」と呼ばれる。

もちろんただブロックをつなげるだけではダメで、そのために「マイニング(掘り起こし)」と呼ばれる「正しい取引として記録する作業」が、自発的な利用者――マイニングを行う者だから「マイナー」と呼ばれる――によってなされる。

では、なぜそんな面倒なことを自ら行うのかというと、それはあるブロックのマイニングに最初に成功したマイナーには、システムからご褒美として「金一封」がビットコインで支払われるからだ。つまり、システム維持に対するインセンティブが予め設定されている。

こうしてマイニングを一種のゲームとして競い合う、奇特なユーザーである「マイナーたち」が一定数存在することで、ビットコインというシステムの稼働は継続されていく。

このマイニング過程はシステムの側から見れば、新規のビットコインを「市中」に放流(リリース)することであり、要するに新札の発行である(いや、ビットコインだから貨幣の鋳造か)。

つまり、システム全体の記帳作業が、同時に新札発行作業となり、そうしてビットコインシステムが自律的に活動を続けていく。よく考えられたシステムなのだ。

(現代ビジネス)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49437

囲み枠b

関連記事

  1. ブロックチェーン

    テックビューロがテレビの新番組にブロックチェーン技術を採用!

    「テックビューロがテレビの新番組にブロックチェーン技術を採用!」…

  2. ブロックチェーン

    中国–ブロックチェーン開発に本腰

    中国初のブロックチェーン研究レポートが、中華人民共和国工業情報化部(M…

  3. ブロックチェーン

    クアラルンプールで開催されたブロックチェーンサミットの模様を公開

    先週6月13日/14日に、VC、ファンド、新興プロジェクト、業界エリー…

  4. ブロックチェーン

    進むブロックチェーン決済 リップルに新たな10の銀行が加盟

    リップル(Ripple)は、まだ他の通貨がなし得ていないような、歴史あ…

  5. ブロックチェーン

    金融インフラは未来ブロックチェーンに置き換わる

    「金融インフラは未来ブロックチェーンに置き換わる」WEFがレポートを公…

過去記事

新着記事

PAGE TOP