仮想通貨全般/経済

SBI Ripple Asiaコンソーシアムを利用した詐欺セールスに注意喚起

SBI Ripple Asia が事務局を務める「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」の名前を利用した詐欺に注意を喚起するプレスリリースがSBIホールディングスより発表されている。
 


20170203_01


同社のホームページでは「SBIグループを名乗る人物がご自宅を訪問し「SBI Ripple Asia(リップルアジア)の国内外為替一元化検討に関するコンソーシアムが、来年の3月には本格的に稼働するため、今SBIに投資をすれば儲かると騙り、お金をだまし取ろうとする行為等が発生しています。」と説明されている。
 

Ripple_logo_eyecatch

SBI Ripple Asiaコンソーシアム(共同事業体)とは:
ブロックチェーンを始めとした技術を取り入れ、国内外の為替を一元化し、24時間即時送金ができるインフラ構築を目指して、技術面及び運用面での議論が行われる予定。
SBI Ripple Asia が事務局を務める「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」の発足金融機関が地銀やインターネット専業銀行等を含む42行が参加と発表されている。
今後は下記の参加金融機関を中心に2017年3月を目処に実証実験を行い、ビジネスでの利用に向けた検証が行われる。

注意喚起

SBIホールディングスまたはそのグループ企業は先述のような内容で、訪問等による未公開株等金融商品の購入の勧誘をする行為や金銭の払い込みを要求するようなことはなく、このようなセールスが訪問してきた場合には要求応じることなくSBIに直接連絡を行うか警察等の関係機関に連絡するように勧められています。

他にもリップルの名称を用いて、仮想通貨を使ったMLMビジネスなどが横行しています。十分にお気をつけください。
 
 

参考元:SBI Ripple Asiaのコンソーシアムを利用した不審なセールスに注意
https://www.coin-portal.net/2017/02/02/17298/?cat=postcat

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    金融庁認定の仮想通貨交換業者11社発表。19社は継続審査中

    金融庁が仮想通貨交換業者の認定業者を発表しました。10月2…

  2. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマンも出資するサークル、アジア進出に向け100人雇用

    決済サービスを行なうフィンテックのスタートアップ企業であるサークル(C…

  3. ビットコイン(BTC)

    中国三大取引所の取引停止。Huobi、OKCoinは閉鎖に猶予か

    中国の仮想通貨取引所に対し15日、中国当局がICOトークンおよび仮想通…

  4. 仮想通貨全般/経済

    NY規制当局、Coinbaseのカストディサービスを承認

    米仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)が仮想通貨界での厳し…

  5. ビットコイン(BTC)

    日本の為替苦境がビットコインには有利に働く?

    最近、軒並み外貨が値を下げているのに対し、日本円は上昇中!海外に旅行す…

過去記事

新着記事

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
アフィリエイトのアクセストレード
  1. 仮想通貨市況

    BTC価格が1万ドルを割り込む
  2. 仮想通貨市況

    ビットコイン、オルトコイン:5月28日の相場
  3. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破
  4. ビットコイン(BTC)

    アップルのiMessageで国際送金が可能に
  5. フィンテック

    「ブロックチェーン技術を香港証券取引所に」ナスダックが提案
PAGE TOP