仮想通貨全般/経済

SBI Ripple Asiaコンソーシアムを利用した詐欺セールスに注意喚起

SBI Ripple Asia が事務局を務める「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」の名前を利用した詐欺に注意を喚起するプレスリリースがSBIホールディングスより発表されている。
 


20170203_01


同社のホームページでは「SBIグループを名乗る人物がご自宅を訪問し「SBI Ripple Asia(リップルアジア)の国内外為替一元化検討に関するコンソーシアムが、来年の3月には本格的に稼働するため、今SBIに投資をすれば儲かると騙り、お金をだまし取ろうとする行為等が発生しています。」と説明されている。
 

Ripple_logo_eyecatch

SBI Ripple Asiaコンソーシアム(共同事業体)とは:
ブロックチェーンを始めとした技術を取り入れ、国内外の為替を一元化し、24時間即時送金ができるインフラ構築を目指して、技術面及び運用面での議論が行われる予定。
SBI Ripple Asia が事務局を務める「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」の発足金融機関が地銀やインターネット専業銀行等を含む42行が参加と発表されている。
今後は下記の参加金融機関を中心に2017年3月を目処に実証実験を行い、ビジネスでの利用に向けた検証が行われる。

注意喚起

SBIホールディングスまたはそのグループ企業は先述のような内容で、訪問等による未公開株等金融商品の購入の勧誘をする行為や金銭の払い込みを要求するようなことはなく、このようなセールスが訪問してきた場合には要求応じることなくSBIに直接連絡を行うか警察等の関係機関に連絡するように勧められています。

他にもリップルの名称を用いて、仮想通貨を使ったMLMビジネスなどが横行しています。十分にお気をつけください。
 
 

参考元:SBI Ripple Asiaのコンソーシアムを利用した不審なセールスに注意
https://www.coin-portal.net/2017/02/02/17298/?cat=postcat

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    JPモルガンチェース、仮想通貨とブロックチェーン技術が銀行をおびやかす可能性を認める

    米国最大クラスの金融機関、JPモルガンチェースは、仮想通貨とブロックチ…

  2. ビットコイン(BTC)

    ブラジル、少なくとも株式投資家の2倍のビットコイン投資家が存在

    ビットコインに対して批判的な批評家は、あらゆる点においてビットコインに…

  3. ビットコイン(BTC)

    トム・リー「2019年ビットコインの強気相場が来る」

    ビットコイン強気派のTom Lee(トム・リー)氏は昨年12月、ビット…

過去記事

新着記事

PAGE TOP