Swell失望売りのXRP(リップル)にクジラ買い観測、ビットコインは上昇機運の条件揃う

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

XRP(リップル)好転の兆しか

仮想通貨XRP(リップル)は、前日比1.54%高の25.9円に。

XRP/USD 日足

同銘柄は、8月初旬の最高値0.33ドルから、直近最低値0.22ドルまで30%以上大幅下落していた。三角持ち合いを上抜けするかどうかも着目される。

XRPは、直近2ヶ月間下降チャネルで推移するなどメジャーアルトでもひときわ弱い推移を見せており、年々感度が低下傾向にあったRipple主催の国際カンファレンス「Swell」でも、ついに下落トレンドを打ち破ることは叶わなかった。

しかし、本日にかけてSwell後の失望売りを吸収して反転しつつある。

下降チャネル

cryptobriefingのアナリストAli Martinezは、「並行チャネル上限を上回れば、(ブレイクアウトの上値余地から割り出した1つ上のチャネル)0.3ドル(31.6円)が視野に入る。ただし、これを否定された場合は0.2ドル(21.2円)までの調整を覚悟する必要もある。」との見立てを示した。

仮想通貨の行動分析プラットフォーム「Santiment」のデータによれば、Swell直前の10月13日以来、100万XRP〜1000万XRP以上を保有する14頭のクジラがXRPネットワークに参戦したことがわかった。

Santiment

18年1月に400円を記録したXRPは、20年3月のコロナショックで一時12円を割り込むなど大暴落。10月20日現在は25.8円まで回復したが、含み損のまま塩漬けにしている投資家も多くいるとみられ、上値の重さが目立つ銘柄だ。

下落局面で買い向かった大口投資家の存在は、米リップル社の投資部門Xpringが出資する「Flare Networks」によるXRPホルダーへの「Sparkトークン」付与などが背景にある可能性もある。

Sparkトークン分配量を決定する「権利確定日(スナップショット)」は20年12月12日を予定するが、XRPを取り扱う日本国内取引所の対応はいずれも「保留」となっており、Sparkトークンの取り扱いについて、金融庁など関係当局と対応検討中とみられる。

タイトルとURLをコピーしました