オマハの賢人

経済/社会

ウォーレンバフェットのシェールオイルへの投資はクラフトハインツの二の舞となるか

原油価格が急落、オクシデンタル・ペトロリウム(米石油、ガス及び化学企業)は最も大きな打撃の1つとして浮上した。ウォーレン・バフェットはこの2019年の投資をやり直したいと思っているかもしれない。 「オマハの賢人」と呼ばれるウォーレンバフェットにとって、オクシデンタル・ペトロリウムへの出資は珍しい失敗の1つだ。 投資家としてのウォーレンバフェットの記録は他の追随を許していない。1960年...
タイトルとURLをコピーしました