ニュース

  1. ビットコイン(BTC)

    歴史は繰り返すか?ビットコインのハロウィーンパンプ記念日がすぐそこに

    現在ビットコインは方向性が定かではない、しかし大転換は不意にやって来るものだ。2015年、ビットコインは突如吹き上げ、300ドルを初めて超えた。これはち…

  2. 仮想通貨全般/経済

    中国の大学生、仮想通貨関連の仕事を希望し、8%が仮想通貨を保有している

    中国の大学生を対象に実施した世論調査では、彼らの多くが仮想通貨に明るい未来を見ていることを示している。この調査は、Panewsが中国の26の州にある13…

  3. 仮想通貨全般/経済

    台湾で最も裕福なFoxconnの創設者「リブラと中国の仮想通貨の収束で台湾に大きなチャンスが生まれる…

    台湾で最も裕福な男性であるFoxconnの創設者テリー・ゴウ(Terry Gou)氏は、台湾がフェイスブックの仮想通貨、リブラを受け入れることを望んでいる。…

  4. 仮想通貨全般/経済

    モルガン・クリークの共同設立者「多くの投資家にとって仮想通貨をHODLする方が良い」

    著名な仮想通貨トレーダーをツイッターでフォローしている場合、レバレッジを使った仮想通貨ポートフォリオの拡大が、良い方法であると考える人がいるだろう。これらのトレ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    米グレイスケール、仮想通貨連動型の証券「DLC」に認可を受ける

    極めて重要な米国の規制当局は、米仮想通貨ファンドのグレイスケールが運営する、仮想通貨市場に連動した証券を正式に認可した。グレイスケール・デジタル・ラージ…

  6. アルトコイン

    リップルのXRPはイベント”SWELL”宣伝で6%上昇、ビットコインを凌ぐ

    投資家や投機家などが今後のリップルのイベントの影響により、XRPを強気と予想したため、14日のXRP価格は、ビットコインと他のライバルの仮想通貨に比べより良いパ…

  7. ビットコイン(BTC)

    Bakktビットコイン先物取引量が急増、初日以降3,100%上昇

    ローンチ初日に期待はずれの結果に終わっていた「Bakkt」のビットコイン先物は、その日以降、勢いを増し始めている。10日、取引所は224BTCの契約が取…

  8. アルトコイン

    米CFTCの委員長「イーサリアムはデリバティブ(商品)である」と名言

    イーサリアムが輝く番かもしれない。米国商品先物取引委員会(CFTC)は、イーサ(ETH)はコモデティ(商品)だと宣言したことが大きな話題となっている。イ…

  9. アルトコイン

    イーサリアム2.0はスキャム?激しい論争が巻き起こりヴィタリック氏は反論

    イーサリアム2.0の段階的なリリースは間近であるが、批評家は潜在的なリスクに対する懸念を表明し、イーサリアムをスキャム(詐欺)とさえ呼んだことが話題となっている…

  10. 仮想通貨全般/経済

    韓国大手コンビニチェーン13000店舗で仮想通貨決済の受入れ

    韓国で最大のコンビニエンスストアチェーンである「CU」は、13,000を超える店舗で、まもなく仮想通貨決済を導入する。現地メディアとTerraの共同設立…

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP