ビットコイン先物

アルトコイン

仮想通貨デリバティブが新記録を達成、ETH先物が史上最高、CMEの建玉が急上昇

イーサリアム先物は2日、史上最高値に達したため、直近2週間に仮想通貨デリバティブが盛り上がっている。 人気のあるデリバティブ取引プラットフォームDeribitは190万のETH契約を取引し、CME グループは現在、ビットコイン先物の未決済取引残高が3番目に大きい取引所となっている。 データが、仮想通貨の先物とオプションが2020年に大きな需要を見込んでいることを表しており、Sk...
ビットコイン(BTC)

ビットコインオプションの取引高、記録更新──半減期後も機関投資家の参入

ビットコイン半減期の後、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)におけるビットコインオプションの取引高は過去最高を更新した。 ビットコインは協定世界時5月11日( ...
BAKKT(バックト)

9日の急落のなか、ビットコインオプション取引高は過去最高の約200億円超に

3月9日、ビットコインが急落するの中で投資家はリスクヘッジを狙い、ビットコインオプション市場の取引高は過去記録を記録した。
ビットコイン(BTC)

CMEのビットコインオプション取引、初日からBakktの2倍のボリューム

シカゴが本拠の大手デリバティブ取引所CMEは13日、ビットコインのオプション取引を開始し、初日で54の契約を行なった。各契約は5BTC相当で合計270BTC、約218万ドル(約2億3000万円)の取引が行なわれた。 この数字は機関投資家が注目した米国規制の競合であるBakktが過去5日間に取引した110万ドルのボリュームを大幅に上回っている。 昨年12月9日、ICEの子会社であるBak...
ビットコイン(BTC)

Bakktビットコイン先物取引量が急増、初日以降3,100%上昇

ローンチ初日に期待はずれの結果に終わっていた「Bakkt」のビットコイン先物は、その日以降、勢いを増し始めている。 10日、取引所は224BTCの契約が取引されたと報告した。これは約183万ドルに相当する。その数字は、ほんの2週間前の立ち上げ初日に取引された、わずか7BTCの契約より、3,100%高い数字だ。 Contracts traded so far today: 224 BTC...
ビットコイン(BTC)

LedgerXのビットコイン先物ローンチに失敗

昨日、本ブログでもお伝えしたLedgerXによる現物受渡しのビットコイン先物のローンチが失敗していたと報じられた。どうやら米商品先物取引委員会(CFTC)が明確な承認を出していなかったようだ。 1日、LedgerXのCEOであるPaul Chou(ポール・チョウ)氏は、CFTCを訴えるとツイッターにつぶやいた。 also breaking, i've decided to ...
ビットコイン(BTC)

LedgerXがBakktより先に現物でのビットコイン先物取引を発表

7月31日、ビットコインのデリバティブ(派生商品)を提供する「LedgerX」は現物に裏付けされたビットコイン先物取引を開始したことを明らかにした。 「LedgerX」は、TD AmeritadeとErisXの支援を受け、同じ商品のローンチを進めている「Bakkt」よりも一歩抜きん出て、現物のビットコイン先物商品を提供する最初の会社となった。 この商品は米国内の全ての居住者、また機関投...
ビットコイン(BTC)

ビットコイン価格が上昇後4,000ドルまで小幅下落、再び上昇来るか?

先週土曜日、ビットコインは3,900ドル付近から4,068ドルまで急上昇した後、4,000ドルまで引き戻された。 取引所により違いがあるも、現在は3,956ドル付近で取引されている。 3月6日から18日までのビットコイン価格2時間足チャート 大きく上昇する前の小幅下落、あるいは以前のレジスタンスラインを再テストか ビットコインの価格が16日に3%上昇した後、一部のトレー...
経済/社会

米仮想通貨取引所クラーケンが英取引所を買収し欧州に進出

米仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)が英国の取引所およびデリバティブのプラットフォームであるクリプトファシリティーズ(Crypto Facilities)を買収、金額は非公開とするも「9桁」と発表していることから1億ドル以上の買収であったと考えられる。 この買収によりクラーケンではビットコインコア(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)...
ビットコイン(BTC)

承認待ちのBakktビットコイン先物取引にまもなく出るGOサインと有名トレーダーが考える今後の見通し

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道によると、現物のビットコインを担保にするBakktのビットコイン先物取引が、当局からOKサインを得られるのはもう間もなくだという。 取引所は、商品先物取引委員会(CFTC)と協力して、同社の事業計画が当局の規制枠組みに準拠していることを確認している。取引所が顧客のビットコインを保全するため、ハッキングが起きた際のサイバーセキュリティ問題や金融負...
タイトルとURLをコピーしました