仮想通貨

暗号通貨全般

ギャラクシーデジタルのノボグラッツ氏、FTX元CEOの発言に激しい批判

FTX元CEOのサム・バンクマン-フリード氏 (通称SBF)は今週、公の場に積極的に登場している。この動きは仮想通貨コミュニティの中で物議を醸しており、ギャラクシーデジタルのマイク・ノボグラッツCEOを筆頭に非難の声が上がっている。 ギャラクシーデジタルのノボグラッツ氏は、11月30日に行われたニューヨークのイベントに登場したバンクマン-フリード氏への批判を爆発させた。 ノボグラッツ...
暗号通貨全般

FTXの元CEOのバンクマン-フリード氏、「バックドア」の存在を否定

FTXの元CEOのサム・バンクマン-フリード氏(通称SBF)は、仮想通貨ビデオブロガーであるティファニー・フォン氏を選び、電話によるロングインタビューに応じた。記事執筆時点でYouTubeに公開された2つのインタビューで、SBFはFTX破綻に関連する多くの主要な疑問について語っている。 最初のインタビューは11月16日に行われ、11月29日にYouTubeで公開された。SBFは、比較的無名...
アルトコイン/他

2023年はメタバースへのサイバー攻撃が拡大、カスペルスキーがレポート

サイバーセキュリティの専門家によると、マルウェア、ランサムウェア攻撃、フィッシングだけが仮想通貨業界の脅威ではなく、メタバースが来年大きな標的になる可能性があるとのことだ。 サイバーセキュリティ企業カスペルスキーは11月28日、「消費者のサイバー脅威:2023年の予測」レポートで、データ保護やモデレーションルールが欠如しているため、メタバースでの攻撃が拡大すると警告している。 カスペ...
暗号通貨全般

FTX、アラメダの銀行口座を使用して顧客資金を処理

FTXの不正行為については、1日おきに新たな事実が発覚しているが、最新の事実により、破綻した仮想通貨取引所とその姉妹会社アラメダ・リサーチが当初から共謀していたことが明らかとなっている。 FTXは、他の多くの仮想通貨取引所と同様に、法定通貨取引を処理するための銀行パートナーを得ることが困難であると認識していた。銀行は規制監督の欠如のために仮想通貨取引所と提携することを躊躇しているためだ。F...
アルトコイン/他

ウクライナ国立銀行、CBDC「デジタル・フリヴニャ」のコンセプト案を発表

ウクライナ国立銀行(NBU)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)のデジタル・フリヴニャ(e-hryvnia)のコンセプト案を発表した。 NBUは、e-フリヴニャのコンセプトを提示し、決済会社、仮想資産市場の参加者、国家機関とともにCBDCプロジェクトの開発を続けているという。 発表によると、中央銀行は現在、デザインや主な特徴に応じて、3つのCBDCの可能性を検討し、開発しているとのこ...
ビットコイン

ビットコイン小口投資家、BTC蓄積の新記録を更新

一部のビットコイン(BTC)小口投資家は、仮想通貨の弱気市場だけでなく、FTXの下落にまつわる恐怖、不確実性、疑念(FUD)の問題とは関係がなかったかもしれないことを、オンチェーンデータが示している。 ブロックチェーンインテリジェンスプラットフォームのグラスノードが27日に発表したレポートによると、小規模な個人投資家はビットコインに対してますます強気に転じ、市場の危機が続いているにもかかわ...
暗号通貨全般

FTX破綻、成金起業家ナイトライフから姿を消す

FTX破綻による影響は、Web3と仮想通貨のエコシステムを超えて広がっている。フィナンシャルタイムズの報道によると、米マイアミのナイトクラブは、FTX崩壊によってマイナスの影響を受けているとのことだ。 ナイトクラブのオーナーによると、若い仮想通貨オタクたちが、シャンパンシャワーで贅沢をしたり、クラブで5万ドルの豪遊をしたりしていたが、ナイトライフシーンから完全に姿を消したそうだ。 モ...
ビットコイン

ビットコインのマイニング収入、2年ぶりの低水準 ハッシュレートも減少傾向

ビットコイン(BTC)のマイニング業者が得る収益は、市場パフォーマンスの低下と、採掘難易度が上昇する中で計算需要が重くなったことにより、2年ぶりの低水準に落ち込んでいる。しかし、過去1カ月間、ビットコインのハッシュレートの低下が続いている。 ブロック報酬と取引手数料を合わせたビットコインのマイニング収入は1167万ドルまで落ち込んだ。この数字はビットコインの取引価格が1万3500ドル前後だ...
暗号通貨全般

ロシア、「国営仮想通貨取引所」立ち上げの意向

ロシアの議員たちが、国営の仮想通貨取引所を立ち上げようとしている。同国の仮想通貨規制をめぐっては、長い間財務省およびロシア中央銀行の間で意見の相違があったが、両者が協力して取り組んでいるようだ。 11月23日に地元メディアが報じたように、ロシア議会の下院であるドゥーマのメンバーは、同国の既存の仮想通貨法である「デジタル金融資産関連法」の改正について、市場関係者と話し合いを行ってきた。国営取...
ビットコイン

デジタルカレンシーグループのバリー氏、投資家を落ち着かせるために現状を報告

暗号通貨コングロマリットであるデジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group)の創設者、バリー・シルバート(Barry Silbert)氏は、FTXの突然の崩壊後、投資家の心配を落ち着かせようとする業界人の一人である。 シルバート氏は22日に発表した株主向けのレターで、取引会社のジェネシス、グレースケール・インベストメント、マイニング会社のファウンドリーなどDC...
タイトルとURLをコピーしました