取引所

暗号通貨全般

仮想通貨取引所クラーケン、UAEアブダビでライセンス取得

仮想通貨取引のための完全なライセンスを取得 アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ・グローバル・マーケット(ADGM)は25日、暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンが仮想通貨交換プラットフォームを運営するための完全なライセンスを取得したと発表した。 公式発表によると、クラーケンは、この金融サービス許可(FSP)ライセンスを取得した最初のグローバルな仮想通貨取引所になったという。 ...
未分類

国内暗号資産取引所ディーカレット、暗号資産事業から撤退か

日本経済新聞は1月13日、ディーカレットホールディングスが2月にも傘下の暗号資産関連事業を手掛けるディーカレットを、香港のスタートアップ企業であるAmber Groupに売却する方針を固めたと報じた。売却額は数億円とされている。 ディーカレットは2019年3月に暗号資産交換業登録を完了させ、国内暗号資産取引所ディーカレットとして事業を展開していた。2021年3月には、NTTなどを引受先とし...
未分類

bitFlyerが日本初、ビットコインが貯まるクレジットカードの提供開始

暗号資産取引所を運営するbitFlyerが12月1日、新生銀行グループのアプラスと共同でビットコイン(BTC)が貯まるクレジットカード「bitFlyer クレカ」の提供を開始した。ビットコインが貯まるクレジットカードは日本初になるという。 bitFlyer クレカをショッピングや公共料金の支払いに利用すると、カードのランクに応じた還元率でアプラスの「とっておきポイント」が貯まる。貯まったポ...
未分類

日本円デジタル通貨のホワイトペーパーが公開、2022年度中に実用化へ

日本におけるデジタル通貨の実用性を検討する「デジタル通貨フォーラム」は11月24日、ブロックチェーンを基盤とした円建てデジタル通貨「DCJPY(仮称)」についてのホワイトペーパー(白書)及びプログレスレポートを公開した。プログレスレポートには概念実証(PoC)やユースケースを検討する活動がまとめられている。

The post 日本円デジタル通貨のホワイトペーパーが公開、2022年度中に実用化へ first appeared on 金融・投資メディアHEDGE GUIDE.

未分類

Coinbase株の大口ホルダーが明らかに、米大手金融機関がこぞって保有

ナスダック上場の暗号資産取引所Coinbaseの株式の大口保有者が明らかとなった。米メディアCoinDeskが8月18日に報じている。大手金融機関がこぞってCoinbase株を保有している。

The post Coinbase株の大口ホルダーが明らかに、米大手金融機関がこぞって保有 first appeared on 金融・投資メディアHEDGE GUIDE.

未分類

仮想通貨取引所コインベース、第2Qの純利益は16億ドルに | イーサリアムの取引高がビットコイン上回る

コインベースは2021年第2四半期に22.3億ドルの収益を生み出した。また同プラットフォーム上でイーサリアム(ETH)の取引高がはじめてビットコイン(BTC)を上回っている。 コインベースは2021年第2四半期に22.3億ドルの収益を生み出した。また同プラットフォーム上でイーサリアム(ETH)の取引高...
未分類

仮想通貨デリバティブ取引所FTX、米メジャーリーグの公式スポンサーに

仮想通貨デリバティブ取引所FTXは、メジャーリーグベースボール(MLB)の公式スポンサーとなり、デジタル資産の認知度向上に向けて新たな1歩を踏み出した。 仮想通貨デリバティブ取引所FTXは、メジャーリーグベースボール(MLB)の公式スポンサーとなり、デジタル資産の認知度向上に向けて新たな1歩を踏み出し...
未分類

コインベースの株価は過大評価? アナリストは100ドルまで下落すると予測

ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所ジェミナイは、米国の取引所間での競争が激化する中、現在300億ドル相当の仮想通貨を保管している。 ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所ジェミナイは、米国の取引所間での競争が激化する中、現在300億ドル相当の仮想通貨を保管している。 5月11日の発表で、ジェミナイは保管す...
未分類

コインチェック、OMGの取扱いを4月7日より開始

コインチェック株式会社は4月7日、同日より、新たにOMGの取扱いを開始した。新規暗号資産の取扱開始により、コインチェックではOMGを含めて国内No.1の取扱銘柄数となる16種類の取り扱いとなる。
タイトルとURLをコピーしました